• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2018(平成30年) > 「ていぬペタンク」で世代を超えた交流を~「第9回てつほくあそびねっと」開催

ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

「ていぬペタンク」で世代を超えた交流を~「第9回てつほくあそびねっと」開催

181201a181201b181201c

12月1日(土曜日)午前9時30分から、陸のカーリングとも言われる「ペタンク」をアレンジしたゲーム「ていぬペタンク」を楽しむイベント「てつほくあそびねっと」が、手稲鉄北小学校(手稲区前田2条12丁目)で開催され、地域住民ら89人が参加し、楽しみながらも白熱した戦いを繰り広げました。

これは、地域交流や世代間交流を目的に、手稲鉄北まちづくり協議会が主催したもの。「ていぬペタンク」は、軍手の中に重りを入れて作った玉「ぐんていぬ」を的に目掛けて交互に投げ合い、より的に近いチームが得点するゲームで、小さなお子さんから高齢者まで気軽に楽しめるように同協議会が考案したものです。

この日はまず、ゲームに使う「ぐんていぬ」作りからスタート。参加者は、チームごとに色分けされた軍手とペンを使って、手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」をイメージした顔を描き、オリジナルの「ぐんていぬ」を作りました。

全員の準備が整ったところで、参加者は12チームに分かれ、ゲームを開始。「ぐんていぬ」が的に近づくと、各コートから「上手い!」「やったー!」などと歓声が上がり、参加者は一投ごとに変化する状況に一喜一憂しながら、ゲームを大いに楽しんでいました。また、ベテランのスタッフが「こうやって投げると的を狙いやすいよ」と子どもたちに投げ方を教える場面も見られました。

ゲーム終了後には、「ていぬ」が登場し、表彰式と参加者全員で記念撮影が行われました。

参加した子どもたちは、「的に近づけるのは難しかったけど、面白かった」「また挑戦したい」と笑顔で話してくれました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639