• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2018(平成30年) > お母さんと料理を作って食べよう~「親子料理教室」開催

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

お母さんと料理を作って食べよう~「親子料理教室」開催

180803a180803b180803c

8月3日(金曜日)午前10時から、手稲区民センター(手稲区前田1条11丁目)3階料理実習室で「親子料理教室」が行われ、小学生とその保護者21人が参加しました。

この教室は、親子で一緒に料理を作ることにより、料理をすることの楽しさを学び、健康的な食習慣についての意識を高めることを目的として、ていね食育ネットワークの協力のもと手稲区健康・子ども課が主催したものです。

この日調理したメニューは、「小松菜ピラフ」、「カボチャのチーズ焼き」、「フルーツポンチ」の全3品。

最初に、講師である手稲西小学校の栄養教諭がレシピで使う野菜の切り方を実演した後、調理法について「野菜の加熱は、火が強すぎると水分が飛んでしまうため、火力の調節がポイントです」と話し、参加者らは真剣に聞き入っていました。

その後、4グループに分かれて調理を開始。子どもたちはニンジンやカボチャなどの食材を慣れない手つきで切っていました。

調理を進めるにつれ、子どもたちは母親に「このくらいの大きさに切ればいいの?」と質問したり、食材を切ることができると「上手に切れたよ」と嬉しそうに母親にその食材を見せたりして、次第に会場には笑顔があふれていきました。手稲区食生活改善推進員のサポートもあり、料理は1時間半ほどで完成しました。

試食では、あちこちで「美味しい」「味付けが良い」などの声が上がっていました。

参加した男の子は、「たくさん食材を切って楽しかった。家でも挑戦したい」と笑顔で話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639