• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2018(平成30年) > 平成30年度第1回「ていねっていいね!区民の集い」を開催

ここから本文です。

更新日:2018年7月4日

平成30年度第1回「ていねっていいね!区民の集い」を開催

180628a180628b180628c

6月28日(木曜日)午後2時から、手稲区民センター(手稲区前田1条11丁目)で、区内の連合町内会をはじめ、防災、教育、福祉などのまちづくりに携わる団体の代表者らが一堂に会し、今年度第1回目の「ていねっていいね!区民の集い」(以下、区民の集い)が開催されました。

区民の集いは、地域のさまざまな力を結集して、区民が主役となり愛着や誇りを共有できる『ふるさと手稲』づくりを推進することを目的に、平成17年6月に設立され、現在、区内の55団体が参加しています。

当日は、まず、座長を務める笹渕吉弘(ささぶち・よしひろ)手稲区連合町内会連絡協議会会長が「手稲区で生まれ育った子どもたちが、『ふるさとは手稲だ』と誇りを持って言えるまちづくりをしないといけません。皆さまの活発な議論を期待しております」とあいさつ。続いて、小林安樹(こばやし・やすき)手稲区長が「地域の皆さまにおかれましては、日頃から住みよいまちづくりに向けて献身的に活動に取り組んでいただき、感謝を申し上げます」と話しました。

会議では、区民の集いの昨年度の活動報告や区民の集いの下に設置されている「ていぬ活用委員会」から手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」の活用事業やグッズ販売などの報告があったほか、手稲区からも「平成30年度手稲区の目標と取組」や「手稲区地域防災事業者ネットワーク会議」の活動についても報告がありました。

また、手稲区30周年を記念したロゴマークを制作すること北海道科学大学メディアデザイン学科の学生が候補案を制作すると説明がありました。ロゴマークは、第2回区民の集いにおいて、出席者の投票により決定される予定です。

最後に運営委員長の竹谷晋一(たけや・しんいち)手稲区青少年育成委員会連絡協議会会長から平成30年度区民の集いの活動テーマについての説明があり、昨年に引き続き「安全・安心なまちづくり」と「区の魅力づくり」に取り組んでいくことを確認しました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639