• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 寒い冬に熱く戦い地域の絆を深める~「新発寒地区綱引き大会」開催

ここから本文です。

更新日:2017年11月28日

寒い冬に熱く戦い地域の絆を深める~「新発寒地区綱引き大会」開催

171126a171126b171126c

11月26日日曜日午前9時から、「新発寒地区綱引き大会」が新陵小学校(手稲区新発寒6条6丁目)の体育館で開催され、同地区の児童や保護者、まちづくり団体の関係者ら約400人が集まり熱戦が繰り広げられました。

これは、子どもたちの健全な育成と地域の交流を目的に、新発寒地区青少年育成委員会(高田勝乗(たかだ・かつのり)会長)が主催し、地区内の3つの小学校と11の町内会が参加しました。会場は参加小学校の持ち回りで、毎年開催されており、今年で27回目です。

競技は、町内会別対抗で行われ、1試合30秒の3本勝負。各町内会の小学1年生から3年生までの低学年8チームと、4年生から6年生までの高学年12チームの合計20チームが参加しました。

まず、開会式で、前年高学年の部を優勝した朝日町内会チームAの代表者が「選手一同、絆とつながりを大切にし、心を一つにして正々堂々と力いっぱい綱を引くことを誓います」と選手宣誓をした後、競技がスタートしました。

試合では、綱を引く児童たちの周りで、保護者や町内会の関係者らが「頑張れ!頑張れ!」、「腰を落として!」と大きな声で応援し、その声に応えようと児童たちは力いっぱい綱を引いていました。

高学年の決勝戦は、朝日町内会Aチームと同町内会Bチームと同じ町内会同士の戦いとなり、両チームお互い1本ずつ取り合い3本目までもつれる熱戦で、町内会関係者や敗れた参加者も一緒になって両チームに声援を送り、一番の盛り上がりを見せていました。

今年度は、低学年の部は第四町内会チーム、高学年の部は朝日町内会Aチームが優勝しました。参加した児童は「相手が強かったです。来年も参加して今度は優勝したいです。」と話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639