• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 桜でふるさとへの愛着を~ふるさと星観のさくら広場づくり

ここから本文です。

更新日:2017年11月10日

桜でふるさとへの愛着を~ふるさと星観のさくら広場づくり

171108a171108b171108c

11月8日午前9時から、星観(ほしみ)緑地(手稲星置317)で「ふるさと星観のさくら広場づくり」と題して桜の記念植樹会が開催されました。

これは、子どもたちが桜の植樹を行うことで、ふるさと星観への愛着心を持ってもらうとともに、同緑地内の桜並木で開花時期に訪れる人をおもてなししようと、区内の桜の保全活動に取り組む、さくら守り隊(東武志(あずま・たけし)会長)が主催したものです。同隊の会員や星観緑地を管理している株式会社市川造園の職員、手稲北小学校の児童ら約100人が参加しました。

この日は、まず星置会館(手稲区星置3条9丁目)に集合し、東会長から「6年生のみなさんが大人になったときに、今日の植樹会のことを思い出して、自分たちで植えた桜を家族で見に来てくれることを願っています」とあいさつがあった後、同隊の栗原節夫(くりはら・せつお)さんから桜の種類や特徴などについて説明がありました。

その後、星観緑地に移動し、同小学校6年生70人が桜の苗70本を同緑地内の沿道に植樹しました。まず、スコップで苗木の根元の倍くらいの穴を掘り、そこに苗木を植え、土をかけました。最後に水分が根に行き渡るように残った土で水鉢を作って、無事植樹が完了しました。児童らは、慣れない手つきながらも桜の苗木を丁寧に植えていきました。

植樹を行った男子児童は、「意外と難しかったが、無事植えることができて良かったです。きれいな桜が咲くのを楽しみにしています」と笑顔で話してくれました。

今回植樹した桜は、早ければ来年には開花する見込みです。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639