• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 学生・生徒が企画した「手稲ぱわふる☆きっずらんど」を開催

ここから本文です。

更新日:2017年8月17日

学生・生徒が企画した「手稲ぱわふる☆きっずらんど」を開催

170810d170810e170810f

8月10日木曜日午前10時から、北海道科学大学(手稲区前田7条15丁目)の体育館で「手稲ぱわふる☆きっずらんど」が開催され、来場した親子や地域住民など約650人が、多彩な遊びを楽しみました。

このイベントは、北海道科学大学の大学生や手稲高校、稲雲高校、あすかぜ高校の生徒のほか、地域の主任児童委員などで構成される「手稲ぱわふる☆きっずらんど実行委員会」が主催したものです。学生らがイベントの企画・運営を行い、その体験を今後の社会生活に生かしてもらうとともに、乳幼児と触れ合うことで命の尊さを感じてもらおうと同委員会が開催し、5回目となります。遊びを盛り上げようと区内の中学生から大人まで、多くのボランティアも参加しました。

この日は、段ボールのキャタピラーに入ってハイハイして進む「ダンボールハイハイ」や腕全体で土俵をたたいて相手を倒す「きょだいかみずもう」など、子どもたちが体を動かして遊べるコーナーを中心に16種類の遊び場が設けられ、どのコーナーにも遊びを待つ子どもたちで長い列ができていました。

イベントタイムでは、大型絵本の読み聞かせの他、子どもたちと学生ボランティアに混じって、手稲区と北海道科学大学それぞれのマスコットキャラクター「ていぬ」と「かがくガオー」も一緒になって、子どもたちに人気の「エビカニクス」を踊り、会場は大いに盛り上がりました。

全コーナーが終了した後は、あけぼの児童会館に通う小学生22人によるダンスやボランティアグループ「バナナクラブ」によるボードビルが行われました。

初めて参加した親子は、「子どもと一緒に楽しむことができてよかった。来年も参加したい」、「大学生や高校生の頑張りがすごかった」と話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639