• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 防災に関する知識を身に付けよう~防災研修会を開催

ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

防災に関する知識を身に付けよう~防災研修会を開催

170731a170731b170731c

7月31日月曜日午後2時から、手稲区民ホール(手稲区前田1条11丁目)で、札幌手稲区少年消防クラブによる防災研修会が実施され、クラブ員や準指導者、手稲消防署員など約60人が参加しました。

これは、防災に関する知識の習得および少年消防クラブ相互間での親睦を深めようと札幌手稲区少年消防クラブ協議会が主催し、本年度初めて実施されました。

研修会では、クラブ員がスタンプラリーをやりながら、3つのプログラムを体験し、防災に関する知識や技術を学んでいきました。プログラムの1つである「ジャッキアップゲーム」では、人形ががれきの下敷きになったように見立て、車用のジャッキを使って助け出す方法を学びました。クラブ員たちは初めて使うジャッキに悪戦苦闘しながらも、がれきに見立てたテーブルを持ち上げ、人形を必死に救い出していました。その他にも、「応急手当ワークショップ」では、雑誌やビニール袋など身近なものを使った骨折時の応急手当方法を学び、「持ち出し品なぁに?クイズ」では、非常時に家からすぐに持ち出せるように備えてほしい防災グッズについてのクイズが行われ、災害に備えて準備しておくことの重要さを学びました。最後に防災に関するDVDを見て、研修会は終了しました。

参加したクラブ員は「防災に関するいろんな体験ができて楽しかった。応急手当ワークショップで学んだことを忘れずに、実際に骨折した人が発生したときに役立てたい」と力強く話してくれました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639