• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 楽しみながら健康づくり~ノルディックウオーキング講座

ここから本文です。

更新日:2017年6月7日

楽しみながら健康づくり~ノルディックウオーキング講座

170605d170605e170605e

6月5日月曜日午前10時から、新発寒地区センター体育室(手稲区新発寒5条4丁目)で、新発寒地区社会福祉協議会健康づくり委員会の主催による「ノルディックウオーキング講座」が行われ、地区の住民45人が参加しました。

これは、地域住民の健康づくりを推進しようと、同地区の健康づくりリーダーが、新発寒地区社会福祉協議会と手稲保健センターの協力を得て開催し、今回で5回目となります。

ノルディックウオーキングは、クロスカントリー選手の夏場トレーニング用として始まった、2本の「ポール」を使ったウオーキング。両手に持ったポールで歩行を補助しつつ、上半身への運動効果を高め、通常のウオーキングに比べて20パーセント程度エネルギーの消費量が増えます。腰や膝への負担も減ることから、ウオーキングに不安を感じる高齢の方など、年齢性別を問わずに楽しめる運動です。

今回の講座は、健康運動指導士である宮本留美子(みやもと・るみこ)氏を講師に招いて行われました。

まず、ポールを使った準備体操から始め、講師の動きに合わせて体をほぐしていきました。続いて、ポールを使った歩き方を練習した後、同センターから中の川緑地を通って、手稲稲積公園(手稲区前田1条5丁目)までを往復(約2.5キロ)しました。

初めて参加者した女性は「ポールの正しい使い方がよく分かり、すごく楽しかった」と話し、晴天にも恵まれ、参加者はさわやかな汗をかきながらウオーキングを楽しんでいました。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639