• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 花とみどりによるおもてなしを~手稲中央小学校の児童が種から育てる花づくり

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

花とみどりによるおもてなしを~手稲中央小学校の児童が種から育てる花づくり

170509d170509e170509f

5月9日火曜日午後1時30分から、手稲中央小学校(手稲本町3条2丁目。山﨑一彦(やまざき・かずひこ)校長)の6年生83名が、種から育てる花苗づくりに取り組みました。

これは、手稲中央小学校の児童らがJR手稲駅南口の花壇に植える花苗を種から育てる取り組みです。

花苗づくりを通して、児童に花と緑のまちづくりに参加してもらおうと手稲区土木部が開催しました。

この日は、株式会社市川造園の市川秀一(いちかわ・しゅういち)氏を講師に迎え、マリーゴールドとクリサンセマムノースポールの種まきを行いました。児童らは土をトレーに敷き詰め、丁寧に種をまいていきました。講師から、発芽するまでの水やりや温度調整の方法、芽吹いた後の育て方について説明があり、児童らは皆真剣な表情で説明を聞いていました。

参加した児童は「種まきをやってみて楽しかった。きれいな花が咲くように頑張って育てたい」と話してくれました。

児童らが育てた花は、JR手稲駅南口に設置されている手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」の形をした花壇に7月下旬頃に植えられる予定です。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639