• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2016(平成28年) > みんなで楽しく歌おう~新発寒地区で「うたごえ喫茶」を開催

ここから本文です。

更新日:2017年4月17日

みんなで楽しく歌おう~新発寒地区で「うたごえ喫茶」を開催

170410a.jpg170410b.jpg170410c.jpg

4月10日(月曜日)午前10時から、新発寒地区センター(手稲区新発寒5条4丁目)で「うたごえ喫茶」が開催され、同地区で暮らす高齢者ら70人がアコーディオンの演奏に合わせて楽しく歌いました。

これは、地域の高齢者らが楽しみながら交流できる機会を作ることを目的に、新発寒地区社会福祉協議会と新発寒地区福祉のまち推進センターが平成25年から共催しています。5回目となる今回は、市内外の町内会や福祉施設などで音楽イベントを行っている団体「うたごえ便よりみち」の石澤佳子(いしざわ・よしこ)さんを招いて実施されました。

この日は、まず、新発寒地区福祉のまち推進センターの入澤悠之(いりさわ・ゆうじ)会長が、「うたごえ喫茶は毎回人気のイベントで、たくさんの人が参加しています。みんなで歌って楽しみましょう」とあいさつしました。

続いて、参加者は「みんなで歌えば怖くない」を合言葉に、石澤さんが奏でるアコーディオンの調べに合わせて、「春の小川」「さくらさくら」「人生いろいろ」といった童謡や歌謡曲など20曲を合唱。参加者たちは声を合わせて楽しそうに歌っていました。

参加者の一人は、「昭和30年代にも、歌声喫茶というものがあって、そのときはロシア民謡をよく歌っていました。今日は懐かしい気持ちになって参加しました。みんなで楽しく歌えて、とても気持ち良かったです」と感想を話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639