• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 児童たちが気持ちよく通学・通園できるように~手稲区災害防止協力会が通学路の清掃ボランティアを実施

ここから本文です。

更新日:2017年4月10日

児童たちが気持ちよく通学・通園できるように~手稲区災害防止協力会が通学路の清掃ボランティアを実施

170404a.jpg170404b.jpg170404c.jpg

4月4日(火曜日)、区内の土木、造園業者など28社で構成する手稲区災害防止協力会(佐藤孝人(さとう・たかと)会長)が、小学校や幼稚園周辺の通学・通園路などの清掃をボランティアで行いました。

同会は、風水害などの緊急災害時における救援や復旧活動に協力し、地域住民の安全に寄与することを目的に設立された団体です。平成25年3月には、手稲区連合町内会連絡協議会、手稲区との3者で「犯罪のない安全で安心な“ふるさと手稲”づくりに関する覚書」を取り交わし、事業用車両に「安全・安心見守りネットワーク」のステッカーを貼って、子どもたちの見守り活動に協力するなど、安全で安心なまちづくり向けた取り組みを行っています。

今回の清掃活動は、小学校や幼稚園の新入学・入園児童が気持ち良く通えるようにと、多くの小学校が入学式を迎える日を前に実施しているもので、平成2年から実施されており、28回目となる今年は、同会会員企業全28社から107人が参加しました。

この日は、午前8時40分から、てっぽく・ひろば(手稲区前田2条12丁目)で出発式が行われ、佐藤会長の「小学校の入学式の際に、児童や保護者が気持ち良く笑顔で通学できるよう、心を込めて作業をしてください」との掛け声のもと、9班に分かれて区内の市立小学校16校と市立幼稚園1園の周辺の清掃を開始しました。手稲鉄北小学校(手稲区前田2条12丁目)付近では、参加者11人が手慣れた様子で、歩道や車道にあるごみや、大量に散らばったままになっている雪道用の滑り止めの砂を竹ぼうきで寄せ、ちり取りで集めていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639