• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2017(平成29年) > 食育講演会「食べることは生きること~毎日の食事で健康ライフ~」を開催

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

食育講演会「食べることは生きること~毎日の食事で健康ライフ~」を開催

170127a.jpg170127b.jpg170127c.jpg

1月27日(金曜日)午前10時30分から、手稲保健センター(手稲区前田1条11丁目)で、食育講演会「食べることは生きること~毎日の食事で健康ライフ~」が開催され、親子連れや高齢者など幅広い年代から27人が参加しました。

この講演会は、健康情報があふれている現在、食に関する正しい知識を身に付けてもらうことで、食生活の改善や見直しに役立ててもらうことを目的に手稲区健康・子ども課が開催しました。

この日は、高校の家庭科講師の他、地域や児童会館などで食育について講演を行っている「食生活アドバイザー」の西田弘子(にしだ・ひろこ)氏を講師に迎えました。

まず、西田氏から「ファストフード、一般的にはファーストフードと言われていますが、手早く食事をとれるため、広く利用されていますが、トランス脂肪酸や食品添加物が多く含まれています。ファストフードを食する機会が多くなると、肥満につながり、高血圧や高脂血症などの病気になりやすくなります。また、子どもたちの脳が栄養失調状態になり、キレやすくなってしまうと言われています」と食生活と健康についての話がありました。

また、西田氏は「健康のためには、一汁二菜、一汁三菜とバランスのとれた食生活が大切です。主食、主菜、副菜のバランスは3対1対2が理想的です」とバランスのとれた食生活についての話があり、参加者たちはメモをとったり、大きくうなずいたりと真剣に聞いている様子でした。

参加者は、「日常生活に中にあふれている食品添加物に気を付けながら、食生活を見直ししたいと思います。」と感想を述べていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639