• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2016(平成28年) > 衝突事故を想定した救出活動~2017冬季アジア札幌大会開催に伴う関係機関連携訓練を実施

ここから本文です。

更新日:2016年12月20日

衝突事故を想定した救出活動~2017冬季アジア札幌大会開催に伴う関係機関連携訓練を実施

161219a.jpg 161219b.jpg 161219c.jpg

12月19日(月曜日)午前10時00分から、アイスホッケーの会場である星置スケート場と星置公園駐車場(手稲区星置2条1丁目)で、「2017冬季アジア札幌大会に伴う関係機関連携訓練」が実施されました。

この訓練は、平成29年2月から始まる「2017冬季アジア札幌大会」の開催に備え、傷病者が発生した際に迅速かつ的確に対応するため、関係機関との連携強化、初動体制の確認などを目的に行われたもの。

この日は、手稲消防署や手稲消防団、手稲警察署、一般財団法人さっぽろ健康スポーツ財団などから約80人が参加しました。

訓練は、選手や役員を乗せた輸送バスと乗用車の衝突事故により、多数の負傷者が発生したという想定で実施。

下手稲通りで衝突事故が発生。事故を目撃した星置スケート場職員が119番通報し、現場に到着した手稲警察署員と共に負傷者の救護や情報収集を行いました。

また、手稲消防署員が負傷者を含むバスの乗客9人と乗用車に閉じ込められた負傷者2人を油圧救助器具などを使用し救出しました。救出作業中も「大丈夫ですよ」、「今助けますから」と声掛けを行い、負傷者を落ち着かせるなど、本番さながらの様子で訓練が行われました。救出された負傷者は救護所とみなした星置スケート場に搬送されトリアージが行われました。

スケート場職員は負傷者を救護所へ引き継いだ後、手稲消防団員からAED(自動体外式除細動器)を活用した救命処置指導を受けました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639