• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 手稲区災害時支え合い研修会を開催

ここから本文です。

更新日:2015年12月11日

手稲区災害時支え合い研修会を開催

 151210a 151210b 151210c

12月10日(木曜日)午後1時30分から、「平成27年度手稲区災害時支え合い研修会~避難行動要支援者名簿の活用を考えよう!」が、手稲区民センター(手稲区前田1条11丁目)で開催されました。町内会関係者ら約150人が参加し、高齢の方や障がいのある方など災害時の避難行動に配慮が必要な方への支え合いについて理解を深めました。

平成25年度の災害対策基本法の一部改正により、市町村が「避難行動要支援者名簿」を作成することになりました。この研修会は、札幌市から支援を行う地域団体への名簿情報の提供が平成27年12月1日に始まったことから、制度や支え合い活動への理解を深めてもらおうと手稲区の主催で開催したものです。

この日は、まず、地域の特性を踏まえた各種の地域福祉事業や地域防災事業を行っている一般社団法人ウェルビー・デザイン理事長の篠原辰二(しのはら・しんじ)氏が、「札幌市における避難行動要支援者の取り組みについて」と題し基調講演を行いました。篠原氏は「この取り組みは、適切に情報を提供することが大切なのであって、レスキューを行うことではないのです」と分かりやすく説明しました。

続いて、手稲曙第3町内会とつくし町内会が取り組んでいる支え合い活動に関する報告が行われました。工夫を凝らした活動内容が写真や映像を使って紹介され、会場の人々は真剣な様子で聞き入っていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639