• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 手稲山口小学校で「せんきょ体験授業」を実施

ここから本文です。

更新日:2015年12月10日

手稲山口小学校で「せんきょ体験授業」を実施

 151209a 151209b 151209c

12月9日(水曜日)、手稲山口小学校(渡辺聡(わたなべ・さとし)校長)で、6年生を対象とした「せんきょ体験授業」が開催され、児童119人が選挙の仕組みについて学びました。

これは学校教育と連携して、児童たちに、体験授業を通じて選挙の重要性を理解し、関心を深めてもらうとともに、将来の投票活動につなげることを目的としています。手稲区では、手稲区明るい選挙推進協会(川口武(かわぐち・たけし)会長)と手稲区選挙管理委員会(田中洋一(たなか・よういち)委員長)が共同で、今回初めて開催しました。

この日はまず、手稲区選挙管理委員会事務局の職員が講師となり、選挙に関する基礎知識について講義が行われました。児童たちは、来年6月に選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることや、若い世代の投票率が低いことについての説明に、真剣に耳を傾けていました。

続いて、児童たちは、実際の投票会場で使われている投票箱や記載台、本物と同じ材質の投票用紙を用いた模擬投票を体験しました。児童たちは、設置された記載台で候補者名を記入し、少し緊張した様子で投票箱に一票を投じました。投票後は、職員による開票作業を見学し、当選者の決定までの一連の流れを学びました。

授業の最後には「選挙クイズ」と質疑応答が行われ、児童たちは元気よく手をあげてクイズに答えたり、講師に質問したりして、会場は盛り上がりました。

参加した児童たちは「本物の投票箱に投票したので、実際に選挙に行った気持ちになった」「選挙は自分が難しいものだと思っていたけど、今回の授業を受けてみたら、意外と簡単だった。自分も投票できる年齢になったら、選挙に参加したい」などと感想を話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639