• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 地域住民みんなで楽しむ~手稲鉄北地区で餅つき大会開催

ここから本文です。

更新日:2015年11月9日

地域住民みんなで楽しむ~手稲鉄北地区で餅つき大会開催

 151108a 151108b 151108c

11月8日(日曜日)午前10時から、地域住民でつくる手稲鉄北まちづくり協議会(畑中裕(はたなか・ゆたか)会長)主催の「餅つき大会」が、手稲鉄北小学校(手稲区前田2条12丁目)の体育館で開催されました。親子連れなど約600人が訪れ、一足早い正月気分を楽しみました。

これは、子どもたちに普段経験することの少ない餅つきを体験してもらおうと、同協議会が毎年開催しているもので、今回で10回目を迎えます。

この日は、約60キログラムのもち米が用意され、同協議会の関係者らが威勢のよい声を響かせながら、次々と餅をつき上げていきました。

餅つき体験では、子どもたちは大人に手伝ってもらいながら、「ヨイショ!」という掛け声に合わせてテンポよくきねを振るいました。つき上がった白い餅は、お汁粉にしたり、きな粉やごまなどをまぶしたりして、参加者に振る舞われていました。小学2年生の児童は「つきたてのお餅は柔らかくておいしい」と話していました。

また、会場内には、手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」をモチーフに同協議会で考案した「ていぬペタンク」や、サイコロゲーム、昔遊びなど、さまざまな遊びを楽しむコーナーを設置していました。子どもたちは大人と一緒に、さまざまな遊びに挑戦していました。

同協議会は、12月13日(日曜日)に、前田北小学校(手稲区前田10条18丁目)でも餅つき大会を開催する予定しています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639