• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 前田北小学校で「雪体験授業」を開催

ここから本文です。

更新日:2015年10月30日

前田北小学校で「雪体験授業」を開催

 151028a 151028b 151028c

10月28日(水曜日)午前10時45分から、前田北小学校(手稲区前田10条18丁目、佐藤政美(さとう・まさみ)校長)で、4年生を対象とした「雪体験授業」が開催され、児童58人が札幌市の除雪と排雪についての理解を深めました。

この授業は、手稲区土木センターが今年度から始めた除雪に関する体験学習です。

初めに、手稲区土木部の除雪を担当している職員から、札幌市の降雪量や、除雪と排雪の違いなどについて、クイズ形式で説明がありました。児童たちは、除雪の費用が1キロメートルあたり約3万円であるのに比べて、排雪には80倍の約240万円かかることや、市内の道路を全部除雪すると、距離が約5,400キロメートルと札幌から沖縄まで往復した長さになることなどの説明を聞いて「すごい!」「そんなに!」と大きな声を上げて驚いていました。

次に、除雪の要望を寄せる市民に対して、除雪を担当する職員の立場で適切な説明をする「除雪説明体験」を行っていました。児童は、除雪の要望をする「要望者」と、それに答える「対応者」を交互に体験しました。双方の立場を経験することで、それぞれの主張を理解して話し合うことを学んでいました。

最後に児童から「排雪にたくさんのお金がかかることがわかったので、自分の身近でできることをやりたいと思いました」「家に帰ったら、今日学んだ除雪について親に話したいと思います」といった感想が述べられ、「雪体験授業」は終了しました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639