• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2015(平成27年) > 北海道科学大学で食育トークショー開催

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

北海道科学大学で食育トークショー開催

 151023d 151023e 151023f

10月23日(金曜日)午後4時30分から、北海道科学大学(手稲区前田7条15丁目)HITプラザ食堂で、「みーんな集まれ!秋だ!野菜だ!トークショー」が行われ、同大学の学生や教職員など46人が参加しました。

このイベントは、若い世代に対し、野菜摂取の大切さについての啓発を行うことを目的に手稲区健康・子ども課が主催したものです。2014年度に同課が同大学の学生に「大学生の食生活の実態と食育に関する意識のアンケート」を行ったところ、野菜摂取不足との調査結果が判明したことから、この食育トークショーを実施することにしました。

この日は、野菜に関する知識が豊富な「野菜ソムリエ」の資格を持ち、市内や東京で「フレッシュジュース」の店を経営している萬年暁子(まんねん・あきこ)氏を講師に迎え、「野菜のあるライフスタイルの提案」をテーマに講演が行われました。

まず、講師から、1日350グラム以上の野菜の摂取を厚生労働省が目標として示していること、野菜には健康維持に必要な栄養素が多く含まれていることなどの説明が行われました。「実際に350グラムの重さを体験してみると、食べることができそうな量だと思いませんか。毎日野菜の摂取を継続することで、自分の身体を守ることができます」と講師は参加者に語りかけていました。参加者たちは、350グラム分の野菜を実際に手に持ってみながら、講師の話に何度もうなずいていました。

トークショーの最後には、「シシリアンルージュ」という品種のトマトを使った鍋料理と、その残り汁を使ったリゾットの試食会が行われました。学生たちは友人同士で試食を楽しみながら「美味しい」「食べやすい」と話していました。

参加者からは、「もっと普段から野菜を食べようと思った」「野菜を食べることの意識が変わった」との声が上がっていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639