• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 花を育ててくれた手稲中央小学校6年生に「ていぬ」が「御礼状」を贈呈

ここから本文です。

更新日:2015年10月22日

花を育ててくれた手稲中央小学校6年生に「ていぬ」が「御礼状」を贈呈

 151021a 151021b 151021c

10月21日(水曜日)午後2時30分から、手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」が、手稲中央小学校(手稲本町3条2丁目。櫻田隆広(さくらだ・たかひろ)校長)の6年生92人に、JR手稲駅南口にある「ていぬ花壇」に植える花を育ててくれたお礼として、記念カード「ていぬからの御礼状」を贈呈しました。

手稲区土木部では、JR手稲駅を訪れる人々に、おもてなしの気持ちを表すために「JR手稲駅南口ウェルカムフラワー事業」を実施しています。今年度はその一環として、手稲中央小学校の児童らの協力の下、JR手稲駅南口に「ていぬ」の形をした花壇「ていぬ花壇」を設置しました。

この日は、「みんなのおかげで、ボクにそっくりな花壇が完成したのです~♪手稲中央小学校6年生のみんな♪お花を大切に育てていただき、感謝です!!」と書かれた「ていぬからの御礼状」が、「ていぬ」から代表児童に手渡されました。

児童を代表して、千葉美羽(ちば・みはね)さんが、「この活動を通し、仲間意識が高まり団結力も深まりました。来年以降も続けて手稲中央小学校の伝統にしてもらいたいです」と話しました。

また、6年生の児童全員に記念品として、「ていぬ」の缶バッジと花の種袋も贈られ、児童たちは、そのお礼に合唱曲「すてきな友達」を歌いました。

最後に、児童らと「ていぬ」が記念撮影を行いました。

木村茉莉(きむら・まつり)さんと、半田莉央(はんだ・りお)さんは、「6月から、花を育てるために、朝や下校のときに水をあげたり、トレーの水を捨てたりと大変だったけど、花壇の様子を見に行ったときに、自分たちが育てた花を見て喜んでいる人がいて、とてもうれしかった。小学校生活最後の年に良い思い出ができたので、これからも続けて欲しい」と話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639