• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 山口団地で防災訓練~集団避難の手順を確認

ここから本文です。

更新日:2015年9月30日

山口団地で防災訓練~集団避難の手順を確認

 150927g 150927h 150927i

9月27日(日曜日)午後1時30分から、市営住宅山口団地(手稲区曙11条1丁目~12条1丁目、全17棟)で防災訓練が行われ、同団地の住民81人が集合住宅における集団避難の手順を確認しました。

この訓練は、地域住民に防災意識の高揚を図るとともに、火災が発生したときの通報・初期消火・避難誘導などの初動体制の確立、住民同士の協力体制の強化を目的に行われたものです。

この日は、9号棟3階での火災発生を想定した訓練で、参加した住民たちは火災報知器のサイレンを聞き、急ぎ建物外へ避難を開始しました。車いすを利用している人への誘導やはしご車よる逃げ遅れ者の救出なども行われました。

避難訓練の終了後、参加者は山口団地会館(手稲区曙11条1丁目)に移動。手稲消防署員の指導によるバケツリレーと、煙道通過訓練を体験し、さらに心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使用方法の説明も受けました。

また、今回初めて、手稲警察署警備課職員を招き、警察の視点での防災のポイントと「振り込め詐欺」対策をテーマとした「防災と防犯の講話」が行われました。会場の人々は真剣な面持ちで簡潔で分かりやすい説明を聞いていました。

山口団地連合町内会の小林正勝(こばやし・まさかつ)会長は「今回の訓練では車いすの方の避難方法を確認したいと思っていました。車いすの方の避難には人手がいるので、いざというときに手を貸せる関係ができるように、普段から近所付き合いをしたり、同じ棟の中で避難方法を話し合ったりしてほしいです」と参加者に話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639