• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 命の大切さを学び「ジュニア救急隊員」になろう!~小学生への救命講習会開催

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

命の大切さを学び「ジュニア救急隊員」になろう!~小学生への救命講習会開催

150804a 150804b 150804c

8月4日(火曜日)午前10時から、新発寒小ミニ児童会館(手稲区新発寒2条2丁目)で、同児童会館に通う小学1~6年生の児童41人が、手稲消防署による救命講習会を受講しました。

これは、心肺蘇生法を学ぶことで、命の大切さや救命処置の重要性を知ってもらおうと、同消防署が区内の小学生を対象に実施しています。

はじめに、同消防署員が講師となって、スライドを使い「安全の確認」、「意識の確認」、「助けを呼ぶ」、「119番通報」、「呼吸の確認」、「胸骨圧迫」といった一連の手順について説明があり、子どもたちは、真剣な表情で聞いていました。

次に、7人程度のグループに分かれての実技では、同消防署員や手稲消防団員から、人形を使って胸骨圧迫などの心肺蘇生法を学びました。児童たちは、慣れない胸骨圧迫に苦戦しながらも、一生懸命に体全体を動かしていました。

続いて、救命救急士による本番さながらの実演があり、児童たちはその迅速な動きに驚きながらも真剣な目で見ていました。

最後に、原田忠明(はらだ・ただあき)署長から参加した児童たちに手稲消防署オリジナルの「ジュニア救急隊員認定証」が手渡されました。署長からは、「目の前で人が倒れて、本当に困ったら、まず大人を呼んでください。また、今日、勉強したことを家の人にも教えてあげてください」とあいさつがありました。

児童たちから、手稲消防署員と手稲消防団員へ「ありがとうございました」とお礼があり、講習会を終了しました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639