• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 知的障がいのある方を対象とした「介護職員初任者養成講座」開講式

ここから本文です。

更新日:2015年7月6日

知的障がいのある方を対象とした「介護職員初任者養成講座」開講式

150704d 150704e 150704f

7月4日(土曜日)午前10時から、知的障がいのある方を対象とした「介護職員初任者養成講座」の開講式が、札幌市手稲老人福祉センター(手稲区曙2条1丁目)で行われました。

この講座は、知的障がいのある方が、介護に必要な技術や知識を身に付け、地域の福祉への貢献や福祉関係の仕事に就くなど、社会参加の可能性を広げてもらうことを目的に実施されています。平成19年の講座開設以来、多くの資格取得者を輩出しています。

今年度の受講生は、北海道札幌高等養護学校(手稲区前田485番地)、北海道札幌稲穂高等支援学校(手稲区稲穂4条7丁目)、札幌市立豊明高等養護学校(北区西茨戸4条1丁目)の在校生等、合わせて15人です。

開講式では、福田正人(ふくだ・まさと)手稲区長が「一緒に受講する仲間同士で協力し合い、15人全員で修了することを願っています」とあいさつしました。

また、学校関係者等の祝辞に引き続き、講師を代表して、札幌高等養護学校の森影恭代(もりかげ・やすよ)教諭から、「介護をするには、知識と技術だけではなく、思いやり、心も大切です。この4つを自分が持っているか振り返りながら学んでいきましょう」と受講生への励ましの言葉がありました。

式の後、研修運営スタッフからカリキュラムや研修中の注意事項が説明されました。午後からは、初回の講義として、「思いやりを学び合う」と題し、コミュニケーションの大切さについて学習しました。受講生は、これから約7カ月にわたり、180時間のカリキュラムを学んでいきます。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639