• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 花苗を植えて地域との交流を~手稲鉄北小児童が地域住民と花苗を植える

ここから本文です。

更新日:2015年6月17日

花苗を植えて地域との交流を~手稲鉄北小児童が地域住民と花苗を植える

150616a 150616b 150616c

6月16日(火曜日)午前10時40分から、手稲鉄北小学校(手稲区前田2条12丁目。松村隆志(まつむら・たかし)校長)の6年生96人が、ほまれ町内会、曙第26町内会の住民など約20人と協力して、街路ますやプランターに花苗を植えて、前田ほまれ公園(手稲区前田2条11丁目)周辺や手稲区役所(手稲区前田1条11丁目)前を花で美しく飾りました。

これは、花苗を植えることを通して地域の人々と触れ合い、地域への愛着を深めていこうと、同校の6年生が毎年行っているもので、今年で9回目となります。

はじめに、ほまれ町内会副会長の永井道允(ながい・みちよし)氏から「思いを込めて植えると、花はきれいに咲いてくれます。皆さんも思いを込めながら植えてみてください」とあいさつがありました。

その後、全員で作業手順を確認し、花の苗を受け取って担当の場所に移動しました。児童は、マリーゴールドやペチュニアなどの苗約500株を地域の人たちと植え、道路は華やかに彩られました。

作業のあと、児童を代表して阿部小雪(あべ・こゆき)さんが「今日の活動を通して、地域の事を考えるきっかけになりました。これからも地域の事を考えて自分から進んで行動していきます」と話しました。

最後に、曙第26町内会副会長の石垣明夫(いしがき・あきお)氏が「皆さんの協力のおかげで歩道をきれいにすることができました」と児童たちをねぎらっていました。

この日植えられた花苗は、町内会など地域の人たちが水まきや草とりを行いながら、9月頃まで飾られます。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639