• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ここから本文です。

更新日:2015年6月9日

「あいくる」で石狩市の魅力をPR

150608d 150608e 150608f

6月8日(月曜日)から10日(水曜日)まで、JR手稲駅自由通路「あいくる」(手稲区手稲本町1条4丁目)で、手稲区民をはじめ札幌圏の人たちに向けて、石狩市の観光写真の展示や特産品の販売を通じて、その魅力を伝える「石狩市観光PRin手稲駅」が開催されています。

JR手稲駅は、一日の乗降客数が道内で2番目に多いこともあり、隣接する「あいくる」では、パネル展やスクールバンドの演奏など、さまざまな催し物が行われています。

手稲区では、これまでも隣接する石狩市及び小樽市と、行政間、住民間の交流を深める事業を行っており、今回はその一環として石狩市と手稲区の共催で開催しました。

初日である8日は、午後2時の販売開始とともに石狩市特産の長芋、シソのジュースやお菓子などを購入する人たちで賑わっていました。

また、「いしかり浜サンドパーク2015」が6月20日(土曜日)から7月5日(日曜日)まで行われるため、この日は砂像制作のパフォーマンスも行われました。

ほかにも、石狩市の公認キャラクター「さけ太郎」が登場し、手稲区のマスコットキャラクター「ていぬ」とともに石狩市の魅力をアピールしていました。

多くの通行人が石狩市の名所を紹介する観光写真を眺めたり、砂像制作パフォーマンスの制作者に質問をしたりしていました。

この祭事は、8日から10日までの3日間、午後2時から午後7時まで行われています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639