• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2014(平成26年) > 冬の交通安全運動「飲酒運転根絶キャンペーン」を実施

ここから本文です。

更新日:2014年11月19日

冬の交通安全運動「飲酒運転根絶キャンペーン」を実施

141119a 141119b 141119c

11月19日(水曜日)午後4時45分から、JR手稲駅自由通路「あいくる」(手稲区手稲本町1条4丁目)で、飲酒運転根絶キャンペーンが実施され、重大交通事故に直結する飲酒運転の根絶を訴えました。

これは、11月11日から20日までの「冬の交通安全運動」にあわせ、手稲警察署が主催したものです。手稲交通安全協会や手稲区交通安全運動推進委員会、手稲区交通安全母の会など、関係13団体の協力を得て開催しました。

この日、「あいくる」で行われた開始式では、手稲警察署の黒澤明(くろさわ・あきら)署長が「飲酒運転は悲惨な事故につながります。この運動を契機に、引き続き、飲酒運転根絶に向けて努めてまいりますので、皆さまのご協力をお願いします」とあいさつしました。続いて、手稲区の江島圭一(えじま・けいいち)市民部長が「飲酒運転を防ぐには、運転する本人の意識だけではなく、周りの協力も必要です。私たち一人一人が飲酒運転根絶に対する意識を高めていきましょう」と話しました。

続いて、北海道科学大学の学生4名が「飲酒運転は絶対しない、させないという強い意志を持ち、区民の代表として飲酒運転の根絶に努めます」と飲酒運転根絶宣言を行いました。

その後、参加者は数人のグループに分かれて、街頭啓発を実施。飲酒運転防止のためのチラシや啓発品を通行人に手渡したり、「飲酒運転の根絶にご協力をお願いします」と呼び掛けたりしていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639