• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > 手稲山大滑降~「ていぬ」と「手稲区親善大使」三浦雄一郎さんの華麗なシュプール

ここから本文です。

更新日:2014年2月23日

手稲山大滑降~「ていぬ」と「手稲区親善大使」三浦雄一郎さんの華麗なシュプール

140223a140223b140223c

2月23日(日曜日)午前6時40分から、手稲山山頂から約5.4kmを滑り降り、楽しみながら腕前を競う大会「手稲山大滑降」が、サッポロテイネスキー場で開催されました。

この催しには、サッポロテイネスキー場にてスキースクールを主宰する「手稲区親善大使」の三浦雄一郎(みうら・ゆういちろう)さんと手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」も参加しました。

まず、三浦さんの「手稲山を愛する皆さんのおかげで、このイベントは10回目を迎えることができました。手稲山はみんなの山です。今日は楽しく滑りましょう」の掛け声で大会がスタート。デモンストレーションとして、三浦さんが参加者の前を華麗に滑り降りていきました。

次に、ていぬもスキーを履きスタンバイ。参加者から「かわいい」「がんばって」と声援を送られる中、手を振りながら、こちらも華麗な滑りを見せていました。

その後、参加した176人のスキーヤーやスノーボーダーたちが、次々と斜面を滑り降りていきました。中には、カラフルな衣装に身を包み仮装した参加者も居て、みんな手稲山に思い思いのシュプールを描き、滑りを楽しんでいました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639