• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2013(平成25年) > 第21回手稲区小学生バドミントン大会開催

ここから本文です。

更新日:2013年11月23日

第21回手稲区小学生バドミントン大会開催

131123a 131123b 131123c

11月23日(土曜日・祝日)午前9時30分から、手稲区体育館(手稲区曙2条1丁目)で「第21回手稲区小学生バドミントン大会」が開催されました。

同大会は、区内の小学生の健康と体力の増進を図るとともに、競技の普及や参加者同士の交流を深めることなどを目的に、手稲区の主催で毎年実施しており、今年で21回目を迎えました。平成19年度からは近隣市の小学生にも参加を呼び掛けており、今回は小樽市・石狩市の14人の児童を含む計80人が参加しました。

開会式では、江島圭一(えじま・けいいち)手稲区市民部長が「優勝を目指して、元気いっぱい、楽しくプレーをしてください」とあいさつ。そして、手稲鉄北小学校3年の福士睦生(ふくし・むつき)君の選手宣誓の後、準備体操を行い、競技が始まりました。

競技は、3・4年生と5・6年生に分かれてのシングルスと、4・5年生男女ダブルス、5・6年生女子ダブルスで、それぞれリーグ戦を実施。児童たちは、日頃の練習の成果を発揮しようと、真剣な表情で勝負が繰り広げられていました。サーブやスマッシュが決まるたびに、観覧席にいる友達や家族から歓声や声援が上がり、試合に負けて涙ぐむ子どもには、「まだ次の試合があるよ」「気持ちを切り替えていこう」と激励していました。

表彰式では、手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」も登場。種目別に入賞者へ賞状とメダルが手渡され、参加者は「ていぬ」と一緒に盛んな拍手を贈っていました。

参加者の一人は、「思ったように試合を運べず自分に腹がたった。来年は納得できる成績を出せるよう再挑戦したい」と大会を振り返っていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639