• ホーム
  • 利用者のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ
  • 事業の紹介
  • ご意見・ご提案

ここから本文です。

更新日:2016年8月10日

各戸検針制度をご利用になるには

対象となる建物
適用の要件
申し込み
入居者への説明
届け出
検針と料金
契約の解除
Q&A
問い合わせ先

 対象となる建物

住居専用の受水槽方式の共同住宅が対象になります。

※店舗等との併用(店舗等と住宅が1個のメーターとなっている。)、商業テナントビルの場合は対象となりません。ただし、店舗等が住宅部分とは別系統の給水装置(水道メーターを含む。)となっている場合は対象になります。

※新築のほか、既設の共同住宅であっても適用の要件に合うように設備を改造された場合は対象になります。

このページの先頭へ

 適用の要件

水道局の定める受水槽以下の給水用装置の施行基準を満たしていることが必要です。

1各戸に子メーターを設置すること。
2子メーターの設置場所は、パイプシャフト等で検針、取替え等に支障とならない位置とすること。
3子メーターの上流側直前には、止水用具を設置すること。
4共用部分にも子メーターを設置すること。
(散水栓、ごみ置場用などで、蛇口があるところには子メーターがついていなければなりません。)
5オートロック式の建物については、建物内への立ち入りに関して必要な措置を講じること。(事前に所有者等の方と取り決めさせていただきます。)
6子メーターの設置場所が常時施錠されている場合は、メーターの検針、取替え等が支障なく行えるように必要な措置を講じること。(事前に所有者等の方と取り決めさせていただきます。)
7既に設置されている子メーターが水道局の基準に合致する場合は、水道局へ無償で譲渡(寄附)していただきます。なお、子メーターの寄附をお受けできない場合は、水道局が子メーターを貸与しますが、子メーターの設置工事は、費用負担を含め所有者等の方に行っていただきます。
その後の有効期間満了又はメーター異状等に伴う取替えは、水道局が行います。

※設置されている子メーターが遠隔指示式メーター(子メーターと集中検針盤)で「普通式」を契約される場合は、水道局の基準に合致している子メーターのみ無償譲渡を受けます。有効期間満了等までは集中検針盤で検針を行いますが、水道局がその後に取替えるメーターの器種は直読式メーターとなり、取替え後は子メーターを直接検針します。

このページの先頭へ

 申し込み

1水道局への申し込みは、札幌市指定給水装置工事事業者が代行しますので、札幌市指定給水装置工事事業者にお申込みください。
2建物の所有者等の方とは、「各戸検針及び使用料金の徴収等に関する契約」を締結していただきます。契約の内容は事前にご確認ください。(分譲住宅については、全入居者(区分所有者)の同意が必要となります。)

申し込みから取扱いの開始まで

「普通式」の場合

工事申込み

1提出された各戸検針申込書、設計図面等により承認条件に適合しているか確認します。

2寄附申出書の提出

3札幌市指定給水装置工事事業者が子メーターの確認を行います。基準に合致するメーター(遠隔、円読、直読式)がある場合は、無償で譲渡していただきます。

4工事の着手

5札幌市指定給水装置工事事業者が給水用装置等の工事に着手します。

 

しゅん功確認

1給水用装置等の工事しゅん功確認を行います。

2契約書の提出

「各戸検針及び使用料金の徴収等に関する契約書」に記名・押印して提出してください。(2通提出)

3契約の締結

水道事業管理者の記名・押印を行い、1通を申請者にお渡しします。(契約の締結)

4各戸検針取扱い開始

各戸の使用開始申し込みを受け付けします。

このページの先頭へ

 入居者への説明

「各戸検針及び使用料金の徴収等に関する契約」を締結する場合は、所有者等の方は契約内容について、入居者の方に十分説明をしてください。分譲住宅の場合は、全入居者(区分所有者)の同意が必要です。

このページの先頭へ

 届け出

入居者の方が引越しなどにより水道の使用を開始し、又は中止しようとする場合は届け出が必要です。届け出は、電話受付センター(電話:211-7770)へご連絡ください。

このページの先頭へ

 検針と料金

各戸の子メーターは2カ月ごとに検針し、その使用水量によって料金を計算して、各戸に請求いたします。水道料金のお支払い方法には、ご請求のつど、金融機関窓口又はコンビニエンスストアで納入通知書によりお支払いいただく納付制、お客さまがご指定の預貯金口座から引き落とさせていただく口座振替制、クレジットカードによりお支払いただくクレジットカード制があります。

※高置水槽に汲み上げる電気代、受水槽の清掃費などの維持管理費は水道料金には含まれません。

このページの先頭へ

 契約の解除

1所有者等の方や入居者の方が契約条項を守っていただけない場合には、「各戸検針及び使用料金の徴収等に関する契約」を解除させていただくことがあります。

2契約解除の後は、親メーターを検針して料金を一括して請求させていただきます。

※「普通式」の場合、契約解除の後は、子メーターを直ちに返納していただくこととなりますが、これに係る工事費用等は所有者等の方のご負担とさせていただきます。

このページの先頭へ

 Q&A

Q1各戸の検針などを管理会社が行っている分譲マンションで、この制度を利用できますか?

A1建物が適用の要件を満たしていれば利用できます。お申し込みの際には、まずは管理会社とよく相談してください。ご不明な点は、中部料金課又は給水装置課にお問い合わせください。

Q2なぜ、事務所や飲食のテナントビルは対象とならないのですか?

A2一般家庭用に水道を使用している方への給水サービスの向上を図る制度でありますことから、テナントビルでのお取扱いはできません。

Q3各戸検針制度の利用を考えていますが、加入金はどうなるのですか?

A3親メーターでいただいておりますので、各戸分の加入金は徴収いたしません。

Q4各戸検針制度の利用を考えていますが、図面及びしゅん功確認の手数料はどうなるのですか?

A4受水槽以下の給水用装置の構造等について、図面確認及び現地確認を行いますが、手数料は徴収いたしません。

Q5これから建替える共同住宅で、各戸検針制度を利用したいときは?

A5建物が適用の要件を満たしていれば利用できますが、水道局では、受水槽を経由しないで一戸建てと同じように「おいしい水」を直接中高層階へ給水できる直結方式をお勧めしております。詳細は、給水装置課又は札幌市指定給水装置工事事業者にお問い合わせください。

Q6各戸検針制度を利用すると、受水槽の管理なども水道局で行ってくれるのですか?

A6受水槽以降の給水設備の管理は、所有者等の方の責任になりますので、今までどおり定期的な水質検査や施設の点検など、適正な管理を行ってください。

Q7従来どおり、親メーター検針による一括請求のままで、各戸検針だけをお願いしたいのですが。

A7各戸検針は各戸の子メーターを検針し、各戸に水道料金及び下水道使用料を請求する制度でありますので、親メーター検針による一括請求との重複した適用はできません。

このページの先頭へ

 問い合わせ先

1工事の申込み等に関するお問い合わせ
札幌市水道局給水装置課電話:211-7081

2契約に関するお問い合わせ
札幌市水道局中部料金課電話:211-7200

3使用開始や中止の届け出、その他のお問い合わせ
電話受付センター電話211-7770:FAX211-7777

このページの先頭へ


前のページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市水道局総務部営業課

〒060-0041 札幌市中央区大通東11丁目23

電話番号:011-211-7039

ファクス番号:011-231-5510

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る