• ホーム
  • 利用者のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ
  • 事業の紹介
  • ご意見・ご提案

ここから本文です。

更新日:2017年4月17日

漏水調査に使用する機器

音聴棒(おんちょうぼう)

消火栓、仕切弁、止水栓、水道メーターなどに直接あてて音を聴き取る機器です。この機器は、金属棒の先に銅の振動板を取り付けた単純な構造ですが、現在でも漏水調査の主力機器として使われています。

音聴棒による漏水調査

ページの先頭へ戻る

電子音聴棒(でんしおんちょうぼう)

電気的に増幅した音をヘッドホンで聴き取る機器です。使い方は音聴棒と同じです。

電子音聴棒による音聴調査

ページの先頭へ戻る

相関式漏水探知装置(そうかんしきろうすいたんちそうち)

漏水音が伝わっている水道管の2箇所(仕切弁や水道メーター)にセンサーを取り付け、センサーから漏水箇所までの距離をコンピューターが計算して表示する機器です。この機器の開発により、漏水箇所の特定にかかる時間が大幅に短縮されました。

kore

ページの先頭へ戻る

漏水探知器(ろうすいたんちき)

地中から伝わってくる漏水音を地表に置いたセンサーでとらえ、電気的に増幅した音をヘッドホンで聴き取る機器です。漏水箇所の特定作業には欠かせない機器です。

漏水探知器

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市水道局給水部給水課

〒060-0041 札幌市中央区大通東11丁目23

電話番号:011-211-7032

ファクス番号:011-251-5361

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る