• ホーム
  • 利用者のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ
  • 事業の紹介
  • ご意見・ご提案

ホーム > 事業者のみなさまへ > 入札・契約関係事業者 > お知らせ・制度改正 > 「平成28年度水道工事積算基準(10月版)」改訂に伴う、積算方法の変更について(平成29年2月22日)

ここから本文です。

更新日:2017年2月22日

「平成28年度水道工事積算基準(10月版)」改訂に伴う、積算方法の変更について(平成29年2月22日)

標記について、平成28年10月14日以降告示案件より、土工のうち、D10900100101機械掘削積込(バックホウ)について、下位単価表の積算方法を、下記の通り改めておりますので、ご留意願います。

積算方法の変更内容

 

【従前の積算方法】

各労務、機械運転歩掛に本市独自の補正係数を掛けた上で積算された単価を、m3当り単価に設定。

【平成28年10月以降の積算方法】

実務必携による単価(WJ501010)のm3当り単価に、本市独自の補正係数を掛けた単価で設定。

 

【変更理由】

従前、バックホウ運転費に係る労務歩掛、燃料消費率は、「平成28年度版水道実務必携」にその値が示されていなかったため、「建設機械等損料表」(Kコード)に準拠しておりました。しかし「平成28年度版水道実務必携」にこれらの数値が示されたことから、水道実務必携に示される歩掛のみでの積算が可能となりました。

このことに伴い、本市独自に設定している割増(容易、困難1.、困難2.)については、積算の簡素化と違算防止の観点から、実務必携の歩掛(WJ501010)に基づく積算単価へ、補正係数を掛ける方式に改めたものであります。

詳細は、下記PDFファイルのとおりであります。

なお、積算例のとおり、数値まるめの関係から、新旧の積算で単価が相違する場合もありますので、確認願います。

 

 

「平成28年10月以降の積算方法」(PDF:39KB)

 

「平成28年9月以前の積算方法」(PDF:30KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市水道局給水部計画課

〒060-0041 札幌市中央区大通東11丁目23

電話番号:011-211-7015

ファクス番号:011-231-2773

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る