ホーム > くらし・手続き > 水道・下水道 > 水道 > お客さまへ > 水道Q&A > 水道を凍結させないためには

ここから本文です。

更新日:2011年11月1日

水道を凍結させないためには

冬は水道の凍結にご注意ください

12月から2月にかけて、水道の凍結事故が多発します。水道が凍結すると、水が出なくなるだけでなく、修理に多くの費用がかかります。

ページの先頭へ戻る

水抜き栓(白いハンドルまたはレバー)の水抜きの手順

凍結防止には「水抜き栓」による水道管の水抜きが効果的です。
水道を凍結させないためには

ページの先頭へ戻る

水を抜くとき

  1. 蛇口[B]・[C]が閉まっていることを確かめる。
  2. ハンドル[D]を右に止まるまでまわす。(レバーの場合は”止”の方向に操作する。)
  3. 蛇口[B]・[C]をいっぱいに開ける。
  4. 空気入れ蛇口[A]がある場合、これもいっぱいに開ける。
  5. しばらくしてから蛇口と空気入れ蛇口[A]~[C]を閉める。

ページの先頭へ戻る

水を出すとき

  1. 蛇口と空気入れ蛇口[A]~[C]が閉まっていることを確かめる。
  2. ハンドル[D]を左に止まるまでまわす。(レバーの場合は”出”の方向に操作する。)
  3. 蛇口[B]・[C]をゆっくりと開ける。

※空気入れ蛇口がある時は、この開け閉めを絶対に忘れないよう注意してください。なお、湯沸し器なども、その仕様に基づく操作方法で水を抜いてください。

ページの先頭へ戻る

水洗トイレの水抜き

  1. 水抜きのハンドルを右に止まるまで回す。(レバーの場合は”止”の方向に操作する。)
  2. タンク前にある排水ハンドルを”大”の方向へ回し、タンクの中を空にする。(空にしないと水は落ちません。)

便器内の凍結にもご注意ください。(水をくみ出す、不凍液を入れるなどの凍結防止措置を行ってください。)

ページの先頭へ戻る

その他注意事項

  • ハンドルの開け閉めが不完全ですと、水が完全に抜けず、凍結や破裂の原因になります。
  • 水抜き栓は冬になる前に点検しましょう。
  • ハンドルまたはレバーが動かない時は、お近くの指定給水装置工事事業者に修理をお申し込みください。
  • 上記の内容は、広報さっぽろ12月号に綴じこまれています「冬のくらしガイド」にも記載されております。

 

水道が凍結してしまったら

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市水道局給水部給水課

〒060-0041 札幌市中央区大通東11丁目23

電話番号:011-211-7032

ファクス番号:011-251-5361