市営交通 > 交通局の取組み > イベント情報 > VR交通資料館の開館について

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

VR交通資料館の開館について

 札幌市交通局では、VR技術(※)を活用して交通事業に関する歴史的資料や過去の地下鉄や市電車両等を展示している交通資料館を、インターネット上でリアルに見学することができるVRサイトを開設します。
 このウェブサイトでは、交通資料館の屋内展示物をはじめ、普段見ることができない展示車両の運転席や客車内を見学できるほか、現在、博物館明治村(愛知県犬山市)に貸出中の木製22号電車も見学することができます。

※ コンピュータ上に人工的な環境を作り出し、あたかもそこにいるかの様な感覚を体験できる技術で、この技術は、NTTコミュニケーションズ(株)の協力により、同社が開発・実証実験中の技術を使用しております。

VR交通資料館のURL

https://st.accvr.net/

開設期間

平成29年10月1日~平成30年3月31日まで

VR交通資料館の概要

<展示内容>

屋内展示場

各種車両模型、車両部品、写真パネル、過去の乗車券等

屋外展示車両

地下鉄車両、市電車両、バス車両(電車やバスの運転席など、車内も見学可)

木製22号電車

博物館明治村に貸出中の札幌で初めて走った木製22号電車。

※ VR交通資料館の展示内容は、上記の木製22号電車を除き、通常の交通資料館と同様です。

<特徴>
  • インターネット上で360度のVR画像(全天球静止画)により、交通資料館を見学できます。
  • スマートフォンのジャイロ機能に対応しており、スマートフォンを動かすことで周囲のVR画像を見ることができます。
  • 屋内展示場の大型地下鉄模型の運転席から、地下鉄南北線の運転席からの映像(ずい道内の映像)を見ることができます。

  

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部総務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2708

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル