市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄からのお知らせ > 平成29年8月27日東豊線走行輪パンク検知動作による列車遅延について【お詫び】

ここから本文です。

更新日:2017年8月28日

平成29年8月27日東豊線走行輪パンク検知動作による列車遅延について【お詫び】

平成29年8月27日(日曜日)、東豊線において、車両基地出庫時に走行輪パンク検知動作のため出庫時間の遅れにより、列車遅延が発生しました。

ご利用のお客様に、大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

日時

平成29年8月27日(日曜日) 午後1時23分頃

発生場所

西車両基地

概況

  1. 東豊線西車両基地出庫の24列車(4両編成)は、パンク検知装置が動作したため出庫を取りやめ、西車両基地から予備の車両が約16分遅れて出庫した。
  2. 当該24列車は、東豊線さっぽろ駅始発で約16分の遅延が発生した。
  3. 東豊線の他列車にも、1分~8分の遅れが発生した。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2742

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル