市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄からのお知らせ > 地震による運休にかかる定期券の払戻しについて

ここから本文です。

更新日:2018年9月22日

地震による運休にかかる定期券の払戻しについて

平成30年9月6日に発生した地震により地下鉄及びバスが運休したことに伴い、交通局で発行した地下鉄及びバスの定期券について、定期料金のうち運休日数相当分を払戻しいたします。なお、各バス事業者の窓口で購入された定期券については、各バス事業者にてお手続きください。

払戻しの対象となる定期券

地下鉄

有効期間に平成30年9月6日が含まれ、かつ、経路に地下鉄が含まれる定期券(1日相当分を払戻し

  • 有効期間に9月6日が含まれない場合でも、継続マークがついている定期券などは払戻しの対象となる場合があります。
  • 磁気式の地下鉄全線定期券は払戻しの対象となりません。
  • 市電(路面電車)は払戻しの対象となりません。
    札幌市交通事業電車乗車規程(PDF:126KB)第12条)
  • 地下鉄と市電の乗継定期券については、定期料金のうち地下鉄配分額について払戻しいたします。

バス

有効期間に平成30年9月6日または9月7日が含まれ、かつ経路にバスが含まれる定期券(1日または2日相当分を払戻し

  • 有効期間に9月6日または9月7日が含まれない場合でも、継続マークがついている定期券などは払戻しの対象となる場合があります。
  • 各バス事業者の窓口で購入された定期券については、各バス事業者にてお手続きください。
  • ばんけいバス単独の紙製定期券については、ばんけいバスにてお手続きください。

各バス事業者のお問い合わせ先

  • 北海道中央バス(札幌ターミナル 電話0570-20-0600)
  • ジェイ・アール北海道バス(本社営業部 電話011-622-8111)
  • じょうてつバス(川沿営業所 電話0120-37-2615)
  • ばんけいバス(バス事業部 電話011-644-3731)

お持ちの定期券が払戻し対象になるかどうか、また、払戻金額などににつきましては、各定期券発売所または札幌市交通案内センター(電話011-232-2277)までお問い合わせください。

取扱窓口及び申出方法

取扱窓口

各定期券発売所(大通、北24条、真駒内、宮の沢、琴似、白石、新さっぽろ、環状通東、福住)

申出方法

払戻しの対象となる定期券を窓口にご提示ください。

払戻終了日

平成31年9月6日まで

払戻金額の計算方法

定期料金のうち、払戻対象となる事業の配分額を1か月定期券では30日(3か月定期券では90日)で除したものに、払戻日数を掛けた金額。

計算例(地下鉄のみ)

例)「大通駅~さっぽろ駅」(地下鉄1区)、有効期間が9月1日から9月30日までの1か月通勤定期券(8,640円)

⇒8,640円÷30日(1円未満切捨)×1日=290円(10円未満四捨五入)

計算例(バスと地下鉄の乗継)

例)「さっぽろ駅~北24条駅~新川営業所」(地下鉄1区、バス1区)、有効期間が9月1日から11月30日までの3か月通勤定期券(39,340円)

⇒地下鉄配分額14,720円÷90日(1円未満切捨)×1日=160円(10円未満四捨五入)…A

バス配分額24,620円÷90日(1円未満切捨)×2日=550円(10円未満四捨五入)…B

A+B=160円+550円=710円

運休払戻しの関係規程

札幌市交通事業高速電車乗車規程(PDF:140KB)第11条

札幌市交通事業電車乗車規程(PDF:126KB)第12条

払戻しに関するお問い合わせ先

札幌市交通案内センター

電話番号:011-232-2277

営業時間:平日8時00分~20時00分、土日祝10時00分~18時00分

休業日:年末年始(12月31日~1月3日)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部営業課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2724

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル