市営交通 > 交通局の取組み > 市電からのお知らせ > 令和元年10月2日に発生した路面電車とタクシーの接触事故に伴う電車乗客の負傷について

ここから本文です。

更新日:2019年10月2日

令和元年10月2日に発生した路面電車とタクシーの接触事故に伴う電車乗客の負傷について

令和元年10月2日(水曜日)、札幌市中央区南3条西14丁目において、路面電車とタクシーの接触事故により電車の乗客(3名)にけが人が発生いたしました。

ご利用のお客様に、大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。詳細について下記のとおりお知らせいたします。

日時

令和元年10月2日(水曜日)午前10時59分頃

発生場所

札幌市中央区南3条西14丁目(内回り方向)交差点手前約30m地点

該当便

内回り1便

概要

 

  1. 10時59分頃、南3条西14丁目(内回り線)において路面電車がタクシーと接触した。
  2. 路面電車が西15丁目停留場(内回り)を発車し南進中、前方車列最後尾にいたタクシーが電車の直前で急なUターンにより軌道敷内に進入してきた。
  3. 乗務員はただちに警笛吹鳴と急制動の措置を執ったが間に合わず、電車の前方左角部分がタクシーの右側面に接触した。
  4. この影響により、電車の乗客3名(女性2名、男性1名)から、けがの申告があった。
  5. 路面電車は15分ほど停車したが、中央図書館前より代車を出庫させ計画ダイヤを確保した。
  6. 中央警察署へ双方の関係者にて事故届を行った。

原因

タクシーが後方を確認せずUターンにより軌道敷内に進入。

影響人員

約60名(遅延車両2台、後続の車両含む)

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2742

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル