市営交通 > 交通局の取組み > 環境にやさしい地下鉄 > シックハウス症候群対策

ここから本文です。

更新日:2016年5月30日

シックハウス症候群対策

建築物の利用者等が室内空気中の化学物質に起因すると思われる体調不良を起こす、いわゆる「シックハウス症候群」については、建築物の高気密化や化学物質を放散する建材などの使用が原因であると言われています。

札幌市では、市民の皆様が安心して公共施設を利用できるよう「札幌市公共建築物シックハウス対策指針」を策定し、建物の建設時から完成後の使用・管理にいたるまで総合的に取り組んでおります。

交通局のシックハウス症候群対策

交通局では「札幌市公共建築物シックハウス対策指針」に基づき、ホルムアルデヒド等の室内濃度測定を行っております。

測定の結果、いずれの測定箇所においても厚生労働省の定める室内濃度基準値を下回っていることが確認されました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部総務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2708

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル