市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄からのお知らせ > 共通1DAYカードの発売・利用終了及び払戻しについて

ここから本文です。

更新日:2016年2月15日

 

共通1DAYカード発売・利用終了及び払戻しについて

「共通1DAYカード」は、平成27年(2015年)3月31日をもって発売及び利用を終了いたしました。ご利用誠にありがとうございました。

未使用の共通1DAYカードは、平成27年(2015年)4月1日から平成32年(2020年)3月31日までの間、手数料なしで払戻ししております。

発売・利用終了日

平成27年(2015年)3月31日

払戻内容

払戻期間

平成27年(2015年)4月1日から平成32年(2020年)3月31日までの5年間

払戻手数料

かかりません。

払戻場所及び取扱時間等

地下鉄駅窓口及び定期券発売所で払戻ししています。市電(路面電車)やバスの車内での払戻しはしておりませんのでご了承ください。

また、同じく払戻しを行っている共通ウィズユーカード等とは、払戻しの対応に違いがあります。詳しくは「共通ウィズユーカード等の利用終了・払戻しについて」をご覧ください。

地下鉄駅窓口(全49駅)

取扱時間:通常営業に準ずる(無休)

定期券発売所(9か所)

取扱時間:通常営業に準ずる(定休日あり)
詳しくは乗車券発売所のページをご覧ください。

取扱上限について

同じく払戻しを行っている共通ウィズユーカード等とあわせて、1回につき、お一人様2万円以内の払戻額となるようご協力をお願いいたします。

Q&A

Q.なぜ共通1DAYカードを廃止したのですか。

Q.払戻しを行ったカードは返却されるのですか。

Q.払戻しを行う際、何か必要な書類、手続きはあるのですか。

Q.他の一日乗車券はどうなるのですか。

Q.共通1DAYカードの代わりとなる乗車券を発行しないのですか。

 

Q.なぜ共通1DAYカードを廃止したのですか

A.環境負荷の低減を目的として、磁気カード乗車券からICカード乗車券への移行を進めている中、交通局、じょうてつバス、ジェイ・アール北海道バス及び北海道中央バスの4事業者で、共通1DAYカードのあり方について、利用状況、利便性、事業者の負担などを考えながら、検討・協議を行った結果、磁気カードによる継続やICカードへの移行は困難であることから、サービスを終了することといたしました。

Q.払戻しを行ったカードは返却されるのですか

A.返却いたしません。

Q.払戻しを行う際、何か必要な書類、手続きはあるのですか。

A.払戻しを行うカードをお持ちいただくことと、払戻金をお渡しする際に受領の署名をいただくほかは、特段必要な書類、手続きはありません。

Q.他の一日乗車券はどうするのですか

A.以下の他の券種は引き続き発売しております。

  • 地下鉄専用1日乗車券【大人:830円、こども:420円】
  • ドニチカキップ【大人:520円、こども:260円】
    (土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)にご利用いただける地下鉄専用1日乗車券)
  • どサンこパス【310円(1枚で大人1人とこども1人が乗車可能)】
    (土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)にご利用いただける市電専用1日乗車券)

Q.共通1DAYカードの代わりとなる乗車券を発行しないのですか。

A.今のところ発行する予定はありません。お客様の乗車経路等に応じて、専用1日乗車券やSAPICA等をご利用くださいますようお願いいたします。

※専用1日乗車券やSAPICAについては「乗車券のご案内」をご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部事業推進担当課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2706

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル