市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄・市電について > 東豊線新型車両について

ここから本文です。

更新日:2016年5月30日

東豊線新型車両について

東豊線新型車両「9000形」の導入について

東豊線では、平成28年度に可動式ホーム柵を設置する事業を進めております。

この事業に合わせて、従来車両の老朽化更新を行い、新型車両「9000形」を導入いたします。

この度、車両メーカーで製造中の車両の外観が完成しましたので、ご紹介いたします。

東豊線新型車両「9000形」の導入について(PDF:271KB)

 

 車両設備について

車両メーカーで製造中の車両が完成しましたので、外観に引き続き、車両設備をご紹介いたします。

車両は、平成26年12月中旬に東車両基地に搬入され、車両基地での整備や実際の路線を使用した

試験走行などを行い、平成27年4月下旬ごろに営業開始を予定しています。

車両設備について(PDF:620KB)

 

 営業運転の開始について

9000形第1編成の営業運転開始日が、平成27年5月8日(金)に決定しましたのでお知らせいたします。

営業運転の開始について(PDF:655KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部車両課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2751

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル