市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄からのお知らせ > 震度5弱以上の地震発生時における地下鉄運行再開に向けた取り扱いの変更について

ここから本文です。

更新日:2019年9月6日

震度5弱以上の地震発生時における地下鉄運行再開に向けた取り扱いの変更について

平成31年(2019年)2月21日に発生した地震において、札幌市内で最大震度5弱が確認され、徒歩による地下鉄全施設の巡回点検を実施するため全線運休となったことから、運行再開までに多くの時間を要し、市民生活に大きな影響を及ぼすこととなりました。
このことから、震度5弱の地震発生時における地下鉄の運行再開の取り扱いを、市内各区の震度に応じた「エリア運行」に変更いたします。

取り扱い変更日

令和元年(2019年)9月6日(金曜日)始発から

現行の取り扱い

札幌市内いずれかの区において、震度5弱以上を確認した場合、運行を見合わせ、全線のトンネル内等を徒歩で巡回点検し、安全確認後に順次運行を再開。

9月6日以降の取り扱い

地下鉄各線を大通駅を基点とした6つの運行エリアに分割いたします。

路線 運行エリア 震度確認区 運行エリア 震度確認区
南北線 麻生駅~大通駅 中央・北・東 大通駅~真駒内駅 中央・豊平・南
東西線 宮の沢駅~大通駅 中央・西 大通駅~新さっぽろ駅 中央・白石・厚別
東豊線 栄町駅~大通駅 中央・北・東 大通駅~福住駅 中央・豊平・南

震度5弱以上の「震度確認区」に係わる運行エリア

トンネル内等を徒歩で巡回点検した後、時速25km以下の速度で運転し、運転手の目視による安全確認を行った上で、通常運行を再開いたします。

震度4以下の「震度確認区」に係わる運行エリア

時速25km以下の速度で運転し、運転手の目視による安全確認を行った上で、通常運行を再開いたします。

南北線高架部(平岸駅~真駒内駅間)について

豊平区・南区において震度4を確認した場合、南北線の大通駅~真駒内間エリアは運行を停止し、高架部を徒歩で巡回点検した後、時速25km以下の速度で運転し、運転手の目視による安全確認を行った上で、通常運行を再開いたします。

全線の運行再開について

全ての点検が終了し安全が確認された後に、運転を再開いたします。なお、列車の進行方向を変える「ポイント」の位置や、徒歩点検のため運行に必要な電力を停止をする区間によっては、運行再開時期に違いがある場合があります。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

電話番号:011-896-2743

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル