ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ・レジャー > スポーツ > 第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会 > 冬季国体のテーマ、スローガン、シンボルマークが決定しました。

ここから本文です。

更新日:2017年12月26日

冬季国体のテーマ、スローガン、シンボルマークが決定しました。

平成31年(2019年)に北海道(札幌市・釧路市)で開催される冬季国体のテーマ、スローガン及びシンボルマークが決定しました。たくさんのご応募ありがとうございました。受賞作品は以下のとおりです。

 

テーマ(愛称)

イランカラテくしろさっぽろ国体

「イランカラプテ」はアイヌ語の「こんにちは」であり、全国各地から北海道を訪れるみなさんを、おもてなしの心でお迎えし、北海道の魅力を全国に発信したいという思いが込められています。(北海道釧路市 小川周幸さんの作品)

スローガン(合言葉)

北国の 雪と氷に 刻む夢

全国から集う選手たちが冬季国体に向けて準備してきた成果を発揮し、夢をかなえることができるように、エッジで雪や氷にしっかりとした軌跡を刻んでほしいという願いが込められています。(北海道釧路市 中村光伸さんの作品)

 

シンボルマーク

74回大会のシンボルマーク

大会回数の「74」をモチーフにデザインし、直線と曲線の組み合わせは競技の持つスピード感を表現し、アイヌ文様と、青と白のグラデーションが北海道の寒い冬を象徴しています。
右上に伸びる「7」と「4」の縦線には、参加選手が頂点を目指して活躍してほしいという願いが込められています。(北海道札幌市 淡谷実来さんの作品)

 

優秀作品

テーマ

「夢大地 札幌釧路国体2019」 伊藤長人さん(愛知県小牧市)

「くしろサッポロ冬輝国体」 島田宏哉さん(静岡県掛川市)

スローガン

「光る汗 北の大地で 輝くダイヤの結晶に」 木村恵里子さん(北海道池田町)

「カムイ住む 北の大地で 熱くなれ!」 小川周幸さん(北海道釧路市)

シンボルマーク

シンボルマーク優秀作品1

米泉弘人さん(石川県金沢市)

 

シンボルマーク優秀作品2

松岡光雄さん(新潟県新潟市)

 

関連ページ(外部リンク)

第74回国民体育大会冬季大会のテーマ、スローガン、シンボルマークの受賞作品を決定しました(北海道スポーツ振興課ホームページ)

 

前回の採用作品

平成22年に北海道(札幌市・釧路市)で開催した第65回冬季国体時の採用作品
テーマ くしろサッポロ氷雪国体
スローガン 夢に飛べ 北に 未来に 熱き鼓動
シンボルマーク 前回大会のシンボルマーク

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市スポーツ局スポーツ部企画事業課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目 ばらと北一条ビル6階

電話番号:011-211-3044

ファクス番号:011-211-3046

お問い合わせへの回答には数日かかる場合がありますので、ご了承ください。
お急ぎの場合は、お電話でお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)