ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

スポーツ振興基金助成金

スポーツ活動の充実と発展を促進するために、市民の皆さんのさまざまなスポーツ活動に対して、助成金を交付しています。(障がい者スポーツも対象になります)

助成金の対象となる事業

市民スポーツ振興事業

事業内容

市民スポーツ活動の普及振興を図ることを目的に、市民が広く継続的にスポーツに親しむことのできる事業を実施する団体に対し助成を行います。

助成上限金額

40,000円(障がい者スポーツ振興に係る事業については60,000円)

ただし、助成対象経費の2分の1以内とする。

申請受付期間 年間を通じ随時申請受付を行っています。
ただし、申請は事業実施日の1週間前までに行うものとします。(事後申請は受付けません)
備考 詳細
スポーツ交流事業(国際の部)

事業内容

スポーツを通じた国際交流を目的として、国外で開催される国際スポーツ大会への参加する団体及び個人に対し助成を行います。

助成上限金額

1人あたり40,000円

※22歳以下の者で競技団体からの推薦を得て参加する場合は1人あたり60,000円

※団体の場合は最大5人分 200,000円(全員が22歳以下で競技団体の推薦を得て参加する場合は300,000円)

ただし、助成対象経費の2分の1以内とする。

申請受付期間 年間を通じ随時申請受付を行っています。
ただし、申請は大会参加日の1週間前までに行うものとします。(事後申請は受付けません)
備考 詳細
スポーツ交流事業(青少年全国の部)

事業内容

青少年のスポーツ振興を目的とした、道外で開催される全国規模のスポーツ大会に参加する団体及び個人に対し助成を行います。

助成上限金額

1人あたり8,000円(対象は22歳以下)

※団体の場合は最大10人分 80,000円

ただし、助成対象経費の2分の1以内とする。

申請受付期間 年間を通じ随時申請受付を行っています。
ただし、申請は大会参加日の1週間前までに行うものとします。(事後申請は受付けません)
備考

詳細

注意事項

  • 助成金の交付は事業終了後となります。
  • 助成金が交付されるまで、3度の書類提出(交付申請書、事業実施報告書、請求書)が必要となります。
  • 助成金の交付に関する要綱に基づき審査を行い、概ね1ヶ月以内に交付の可否について通知します。
  • 公的機関(官公庁・学校・公益法人等)や大会主催者、地方競技団体等から補助を受けている場合、助成金が減額または交付されないことがあります。
  • 交付決定された事業が終了した際には、事業実施報告書と報告書に定める資料の提出が必要になります。
  • 以下に該当する場合は、交付決定が取り消しになります。

      (1)事業の実施が困難であると認められる場合

      (2)事業の目的及び内容を変更する場合

      (3)市長が指定する日までに事業実施報告書(様式5)が提出されない場合

      (4)助成金の申請又は事業の実施に関し不正又はその他不適当な行為をした場合

      (5)対象事業が中止された場合、又は中止に伴い出場できなくなった場合

      (6)助成金審査委員会の承認を得られなかった場合

      (7)その他、市長が交付決定を取り消すことが適当であると認めた場合

手続きの流れ

助成金の交付を受けるためには次の手続きが必要となります。

  1. 「交付申請書類」を提出します。(申請者→札幌市)
  2. 交付申請書類の審査を行い交付の可否を決定・通知します。(札幌市→申請者)
  3. 対象となる事業終了後に「事業実施報告書類」を提出します。(申請者→札幌市)
  4. 事業実施報告書類に基づき、助成金額を確定・通知します。(札幌市→申請者)
  5. 「請求書」を提出します。(申請者→札幌市)
  6. 請求書に基づき、助成金を交付します。(札幌市→申請者)

※交付決定通知に定める日までに事業実施報告書が提出されない場合は交付決定が取り消される場合があります。

助成要綱と指定様式について

助成金制度見直しのお知らせ

平成30年4月1日以降の申請分から手続き等が次のとおり変更になりました。

市民スポーツ振興事業

  • 申請の受付については、期間を限定せずに随時受付に変更となります。                            ただし、申請は事業実施日の1週間前までに行うものとします。
  • 障がい者スポーツ振興に係る事業については上限60,000円となります。

スポーツ交流事業(国際の部・青少年全国の部)

  • 助成対象経費に宿泊費を追加しました。

      【国際の部】:上限40,000円/1人(交通費+宿泊費) ※団体の場合は最大5名分

      22歳以下の者が、競技団体の推薦を得て国際大会に参加する場合は、1人あたり60,000円を上限

      【全国の部】:上限8,000円/1人(交通費+宿泊費) ※団体の場合は最大10名分

  • 全国の部の助成対象年齢を18歳以下から22歳以下引き上げました。
  • 同一年度に、国際の部と全国の部、各1回ずつ申請できるようになりました。
  • 障がい者が大会に参加するために必要な介助者は選手1名につき1名まで助成対象になります。
  • 個人で申請される場合であっても、種目にかかわらず、1団体から複数人が同一大会に参加するときや、チームとして参加するときは、団体としての助成上限金額が適用になります。

手続きについて

  • 指定様式の見直しを行いました。
  • 助成金交付の可否については、申請書の受領後、概ね1ヵ月以内に通知を行います。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市スポーツ局スポーツ部企画事業課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目 ばらと北一条ビル6階

電話番号:011-211-3044

ファクス番号:011-211-3046

お問い合わせへの回答には数日かかる場合がありますので、ご了承ください。
お急ぎの場合は、お電話でお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)