ここから本文です。

更新日:2014年12月24日

平成26年度第1回市民意見政策反映検討会議(少子化対策・子育て支援)

検討状況

 保育園の入所選考について

市民からの提案・意見

自営業の親も保育園入所の点数を会社員や公務員と同じとし、既に子が認可外保育所にいる場合は、首都圏と同様に点数加算してほしい。

市の見解(実施済み)

自営業の方についても、会社員や公務員と同じ点数にて選考を行っています。また、認可保育所に入所できず、待機されている方は、やむを得ず認可外保育所を利用する以外の方法で待機している方も多くいることから、認可外保育所の入所のみを優先することは入所選考の公平性を欠くこととなるため、点数加算を行っておりません。【平成26年12月:子ども未来局子育て支援部】

ページの先頭へ戻る

 川下リラックスプラザの遊具をもっと充実させてほしい

市民からの提案・意見

川下リラックスプラザは遊具が少なく、飽きる。雪国だからこそ室内で遊べる空間を充実させてほしい。

市の見解(検討中)

川下公園リラックスプラザは、健康増進や通年利用を目的とした総合施設として、屋内休憩機能等の要素を取り入れた地域コミュニテイ施設として整備されており、施設の一部として屋内パークゾーン1(390平方メートル)、屋内パークゾーン2(170平方メートル)の休憩エリアがあります。屋内パークゾーン1(390平方メートル)は、多目的広場を主体としており一部に木製複合遊具や、幼児用コーナーを常設していますが、ご要望の遊具施設の常設は、スペースの確保と費用面から困難な状況です。しかし、施設の魅力の向上に繋げるため、下記内容について指定管理者と検討し、可能なものから実施していきます。(検討期間は26年・27年度)

□半常設(移動容易型)
例:クッション遊具や絵本の設置(利用状況に応じて弾力的な対応可能)


□期間限定(イベント型)
例:ダンボール遊具展(遊具・迷路・キャタピラ遊び・工作体験)
例:昭和の遊び(お手玉・メンコ・あやとり・コマ回し・ゴム遊び・折り紙・ぬり絵・読み聞かせ等)浴室利用高齢者と子ども達との交流の場。
【平成26年12月:白石区土木部】

ページの先頭へ戻る

 保育士の人材確保に力を入れてほしい

市民からの提案・意見

多くの保育士が道内で就職できず、本州に流れているから人材不足となる。施設整備だけでなく人材確保にも気を配るべき。

市の見解(実施済み)

札幌市では、保育士資格を持ちながら保育現場から離れている方を対象に、保育に関する最新情報や技術を紹介し、スムーズな職場復帰を支援する「潜在保育士再就職支援研修(保育士職場復帰セミナー)」を実施しております。

また、保育園の新設等による入所定員枠の拡大により、保育士が必要とされている状況となっていることから、これから保育士を目指そうとする方・保育士として就職したい方を対象に、保育士として働くことの楽しさ・やりがい、札幌の保育園の魅力を感じていただくための「SAPPOROの保育園で働こう!セミナー」を実施しております。【平成26年12月:子ども未来局子育て支援部】

ページの先頭へ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165