ここから本文です。

更新日:2014年12月24日

平成26年度第1回市民意見政策反映検討会議(ごみ)

検討状況

 要介護1の高齢者のごみ出しを支援してほしい

市民からの提案・意見

要介護1なので高齢者のごみ出し支援「さわやか収集」の要件に該当しないが、困っているので検討してほしい。

市の見解(実施済み)

日ごろより、札幌市の清掃事業にご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。札幌市要介護者等ごみ排出支援事業「さわやか収集」は、ごみ出しが困難で一定の要件に該当する方を対象に、新ごみルールの導入に合わせて平成21年7月から実施している事業です。
「さわやか収集」の要件について、実施当初は下記(1)のみとしていましたが、該当しない場合においてもごみ出しが困難なケースがあるとの声が寄せられていたことから、平成26年4月からは対象要件を緩和して、(2)及び(3)も要件に加えました。また、希望する方には、収集の都度に声掛けを行う「安否確認」も実施しております。
要件を緩和した結果、平成26年9月末の利用者数は1,828世帯と緩和前(平成26年3月末)の734世帯と比べ、約2.5倍に増加しております。また、新たなサービスとして実施している安否確認の利用世帯は、約4割の696世帯となっており、今後も一人暮らしの方などの安心の一助となるサービスとして行ってまいります。

(対象者の要件)
家庭から出るごみを自分で排出することが困難な方で、親族や近隣住民、地域ボランティア等による支援が受けられず、次の(1)から(3)のいずれかに該当する方。なお、2人以上の世帯の場合は、世帯全員が要件に該当することが必要です。

(1)介護保険の要介護2以上または障害福祉サービスの障害支援区分3以上。
(2)介護保険の要支援1・2または要介護1か障害福祉サービスの障害支援区分1・2で、本人または世帯内のどなたか1人以上がホームヘルプサービスを利用していること。
(3)障害福祉サービスの同行援護(視覚障がい者の方が利用するサービス)を利用していること。


【平成26年12月:環境局環境事業部】

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165