ここから本文です。

更新日:2015年5月1日

平成26年度第2回市民意見政策反映検討会議(障がい者支援)

 障がいのある子どもがスポーツ教室等を利用できる施設をつくってほしい

市民からの提案・意見

障がいのある高校生の子供をスポーツ教室に入れたくて、身体障がい者福祉センターに電話したが、18歳以上の障がいのある方でないと利用できないといわれた。障がいのある子供が、スポーツ教室等を利用できる施設をつくってほしい。

市の見解(検討中)

身体障害者福祉センターでは、各種スポーツ教室を実施しておりますが、同センターの利用資格が「市内に居住する身体障害者手帳をお持ちの18歳以上の方」に限定されております。そのため、スポーツ教室の利用対象者も同様に18歳以上となっております。
また、18歳未満の障がいのある方が利用できる施設についてですが、年齢や障がいの程度などに関わらず、障がいのある方が利用できるスポーツ施設を整備することの意義は認識しております。新たに専用のスポーツ施設を整備することは、本市の財政状況を考慮すると非常に困難な状況ではありますが、既存施設を利用した取り組み等も視野に入れ、障がいのある方とない方が共にスポーツを楽しめる環境整備に努めてまいりたいと考えております。【平成27年4月:保健福祉局障がい保健福祉部】

ページの先頭へ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165