ここから本文です。

更新日:2015年5月1日

平成26年度第2回市民意見政策反映検討会議(高齢者支援)

敬老パスの名称を変更してほしい

市民からの提案・意見

「敬老パス」の「敬老」という文字を見るたびに、老人だということを認識させられてがっくりくる。高齢者に外出してもらう目的の制度なのに、寂しくなる。そこで提案だが、例えば「ライラックカード」等、素敵な名称に変更してはどうか。

市の見解(実施困難)

敬老優待乗車証は、多年にわたり社会の発展に寄与してきた高齢者を敬愛するとともに、外出を支援し、明るく豊かな老後の生活の充実を図ることを趣旨としております。こういった、長年社会に貢献されてきた高齢者を敬愛するという重要な趣旨があることから、名称に「敬老」という言葉を使用することで、この制度を利用する方への敬愛の精神を広く唱えることができると考えます。
以上のことから、今後も「敬老優待乗車証」という名称は引き続き使用していきたいと考えております。【平成27年4月:保健福祉局高齢保健福祉部】

ページの先頭へ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165