ここから本文です。

更新日:2015年5月1日

平成26年度第2回市民意見政策反映検討会議(公共交通機関)

 地下鉄さっぽろ駅に定期券売り場を設置してほしい

市民からの提案・意見

地下鉄さっぽろ駅は、多くの市民が利用する駅なのに定期券売り場がないので不便。さっぽろ駅にも定期券売り場を設けてほしい。

市の見解(実施困難)

ご指摘のとおり、さっぽろ駅は多数の方にご利用いただいており、定期券発売所を設置することはご利用の皆様の利便性を向上させるものと考えておりますが、新たな定期券発売所の設置には、高額な機器の導入や駅施設の改修等が必要であり、厳しい経営状況から実現が難しいのが現状でございます。
代替としまして、「バスチケットセンターアピア店(ジェイ・アール北海道バス株式会社)」へ、当局発行の定期券の取次販売を委託しておりますので、ご利用くださいますようお願いいたします。
また、地下鉄・市電のSAPICA定期券(福祉割引を除く)につきましては、地下鉄各駅の緑色の券売機で、通勤定期券の新規及び継続購入、通学定期券の継続購入(有効期間が年度をまたぐ場合を除く)等が可能です。
今後とも利便性の向上に努めて参りますので、何卒、ご理解のほどお願いいたします。

『バスチケットセンターアピア店』
<場所>札幌駅南口広場地下街(APIA)
<営業時間>8時30分~18時00分
※13時00分までの受付分は、当日15時00分からお渡し
13時00分以降の受付分は、翌日15時00分からお渡し(定期券のお渡しは年末年始を除きます)
<定休日>年中無休
※磁気定期券のみのお取り扱いとなります。【平成27年4月:交通局事業管理部】

ページの先頭へ戻る

 地下鉄乗り換え時の待ち時間が長い

市民からの提案・意見

大通駅で南北線から東西線に乗換する際に、7~8分待たなくてはならないので、札幌の地下鉄は不便に感じる。

市の見解(一部実施予定)

地下鉄の運行ダイヤは、各時間帯におけるお客さまのご利用状況を考慮して列車の投入本数及び運行間隔を設定しております。
交通局といたしましては、各線の乗換えについては極力考慮しておりますが、線別の営業距離及び片道運転時分の相違(南北線:27.5分・東西線:35分・東豊線:24分)と列車投入本数の違いにより、大通駅での乗換えのみを優先いたしますと各列車の等間隔運転が保てなくなり、混雑率が極端に違う列車が発生してしまうことから、現行の運行ダイヤは列車の等間隔運転を重視したものになっているところでございます。
今後につきましては「札幌市交通事業経営計画」に示しましたとおり、お客さまの利便性の向上を図るため、早朝深夜時間帯における乗換えや適正な運行間隔などについて十分に研究を行い、運行ダイヤの見直しについて検討を進めてまいります。【平成27年4月:交通局高速電車部】

ページの先頭へ戻る

 さっぽろ駅や大通駅の地下鉄東豊線通路に動く歩道を設置してほしい

市民からの提案・意見

地下鉄東豊線を利用する際に、さっぽろ駅や大通駅の通路が長く、身体障がいのある方や高齢者が困っている。動く歩道の設置を検討してほしい。

市の見解(実施困難)

動く歩道の設置については、床面の改修が必要であり、工事期間中は歩行動線としている通路に一定の規制が掛かることや、幅員の狭い通路は地下通路自体の拡幅工事が必要となります。また、下の階にホームがある等の構造上の問題から設置が困難な箇所もあります。
今後、大規模改修工事等実施時は、まちづくりの観点も含め、動く歩道の設置の可否や必要性等について、検討させていただきます。【平成27年4月:交通局高速電車部】

ページの先頭へ戻る

 SAPICAの残高でドニチカきっぷを購入できるようにしてほしい

市民からの提案・意見

SAPICAでドニチカきっぷを購入できないのはなぜか。SAPICAの残高でドニチカきっぷも購入できるようにしてほしい。

市の見解(実施困難)

SAPICAは、券売機などでチャージ(入金)し、改札機にタッチして精算するという通常の使い方のほか、1枚で複数人が乗車する際などのために、券売機で乗車券及び乗継券を購入できる仕様としております。ドニチカキップなどの新たな券種の購入を可能とするためには、券売機などの機器、乗車料収入や乗車人員に関するデータを管理するシステムなどの改修が必要であり、厳しい経営状況のなか、改修費用等の点で困難な状況であると考えておりますので、ご理解をお願いいたします。【平成27年4月:交通局事業管理部】

ページの先頭へ戻る

 市ホームページで公共交通機関の定期券料金を調べづらい

市民からの提案・意見

「えきバスnavi」をみて定期券の料金を確認しようと思ったが、ホームページの構成が分かりづらいので改善してほしい。市ホームページのトップページに「公共交通機関を調べる」とあり「えきバスnavi」にリンクされているので、ここで全て確認できると考えてしまう。

市の見解(実施済み)

  • いただいたご意見をもとに、市ホームページに「えきバスnavi」と「市営交通定期券情報のページ」2つを案内するメニューページを設け、「公共交通機関を調べる」のリンク先としました。【平成27年4月:市長政策室広報部】
  • さっぽろえきバスナビは、公共交通利用促進のため、平成15年にサービスを開始しましたが、定期料金につきましては、検索対象としておりません。
    いただいたご意見を受け、「えきバスnavi」のトップページを、定期料金が検索できないことがすぐ分かるように改修いたしました。【平成27年4月:市民まちづくり局総合交通計画部】

ページの先頭へ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165