ここから本文です。

更新日:2015年5月1日

平成26年度第2回市民意見政策反映検討会議(ごみ)

 

 「枝・葉・草」の収集を4月から始めてほしい

市民からの提案・意見

3月末に雪が溶けると庭のごみが増えるので、5月から開始となる「枝・葉・草」の収集を4月から始めてほしい。特に庭がある戸建てが多い郊外の地域だけでも4月から対応してほしい。

市の見解(実施困難)

「枝・葉・草」の収集期間に関しましては、排出量が少ない時期は効率的に収集することが難しいことなどから、5月開始としております。
また、現在、収集しました「枝・葉・草」は、山本北処理場において、堆肥、土壌改良材などに資源化(リサイクル)しております。このため、当処理場では、「枝・葉・草」の資源化(リサイクル)を行うために、土壌整備などの準備作業について、雪が解けた3月下旬から4月初旬にかけて開始していることから、4月からの収集開始の実施につきましては、大変困難と考えております。
なお、枝・葉・草の収集期間外や、枝・葉・草の収集日とタイミングが合わない場合は、大きさによって、指定ごみ袋に入れて燃やせるごみとして、指定ごみ袋に入らないものは、事前に申し込んで大型ごみとして排出していただけます。
現時点では、収集期間の変更は予定しておりませんが、今後の収集体制を検討する際には、ご要望いただいたことを十分参考とさせていただきます。【平成27年4月:環境局環境事業部】

ページの先頭へ戻る

 ごみステーションに捨てられた衣類のリサイクルを検討してほしい

市民からの提案・意見

ごみステーションに投げられた衣類を、もったいないと思って見ている。ごみ減量にもなるし、中古の服を必要としている人もいると思うので、リサイクルを検討してほしい。

市の見解(実施済み)

札幌市では、「環境首都・札幌」を目指し、様々なごみ減量施策を行っております。
ご意見のとおり、燃やせるごみの中には、多くの衣類が含まれておりますので、古着としての再利用などを進めることは、ごみ減量・リサイクルに大きく寄与するものと考えております。そこで、平成26年10月から、市内4か所にある「地区リサイクルセンター」において、古着の無料回収を開始しました。回収された古着は、主に衣類として再利用されます。
今後は、より市民が利用しやすい制度となるよう、回収拠点の拡充について検討していきます。【平成27年4月:環境局環境事業部】

 

ページの先頭へ戻る

 全区で古着の回収をしてほしい

市民からの提案・意見

  • 居住区である東区には、古着を回収している地区リサイクルセンターが無いが、どうせ回収するなら全区で実施すべき。
  • 北区に住んでいるが、古着回収している地区センターが遠くて行けない。よい取り組みだとは思うが、市民が利用しやすいように、区民センターや区役所でも積極的に回収するとよいのではないか。

市の見解(検討中)

札幌市では、廃棄ごみ減量及び資源の有効利用のため、平成26年10月から、市内4か所にある「地区リサイクルセンター」で、古着の無料回収を開始いたしました。
現在は、制度開始直後のため、様々な資源物の回収拠点である「地区リサイクルセンター」のみで回収しておりますが、今後は、より市民が利用しやすい制度となるよう、回収拠点の拡充について検討していきます。【平成27年4月:環境局環境事業部】

ページの先頭へ戻る

 ごみステーションに外国語表記のステッカーを貼ってはどうか

市民からの提案・意見

アパートの管理をしているが、外国人入居者にごみの分別を説明するのが難しい。外国語のごみパンフレットも必要だとは思うが、ごみステーションに外国語表記のステッカーを貼って、分別を周知してはどうか。

市の見解(検討中)

現在、札幌市では、外国語版の「ごみ分けガイド」、「札幌市家庭ごみ収集日カレンダー」、「札幌市ごみ分別アプリ」を配布または配信し、外国人の方に対して、ごみの分別方法、収集日について周知をしております。また、外国人の居住者が多い共同住宅に、ごみ分別方法のチラシを配布し、適正なごみ排出がなされるよう啓発に努めているところです。
今後も、上記の取組を継続し、外国語表記のステッカー作成などを含めた、外国人の方に対する効果的な周知方法の検討を進めてまいりたいと考えております。なお、分別方法などでご不明な点がございましたら、お住まいの区を担当しております清掃事務所へご相談ください。【平成27年4月:環境局環境事業部】

ページの先頭へ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165