ここから本文です。

更新日:2012年3月1日

平成18年度 第1回市民意見政策反映検討会議

市民意見の検討について 

市民からの声 検討部局
電車の時刻表を乗り継ぎ可能駅で受け取れるようにしたほうが良い 交通局高速電車部
円山動物園の運営方法について 環境局円山動物園
ポイ捨て条例を観光者に周知する方法 環境局環境事業部
学校施設方式の児童育成会の充実を望みます 【フォローアップ】 子ども未来局子ども育成部
保育・子育て支援センターの休日開館の要望 子ども未来局子育て支援部
小中学生と一般の体育館利用方法について考慮してほしい 観光文化局スポーツ部
大型ごみの申し込み方法について 環境局環境事業部

※【フォローアップ】:「検討」となっていた項目の平成24年1月現在の状況を掲載しています。

 

 電車の時刻表を乗り継ぎ可能駅で受け取れるようにしたほうが良い
市民からの提案・意見等 検討結果
 毎日西15丁目駅から電車に乗っている。4月にダイヤ改正になり新しい時刻表を手に入れたいが、大通等の限られた場所でしか手に入れることができない。
 市電の乗り継ぎが可能な地下鉄駅で受け取れるようにしたほうが便利だ。(駅事務所で受け取れるようにしても良い)
 市電時刻表につきましては、これまで札幌市交通案内センター(地下鉄大通駅B1コンコース)で配布しておりましたが、改めて配布方法や時刻表のサイズなどを検討し、今年7月から、市電との乗継指定駅全駅の窓口等でお渡しできるようにいたしましたので、ご希望の方は駅職員までお申し付けください。
 なお、電車事業所(電話:011-551-3944)では、市電時刻表のファックスサービスも行っておりますので、ぜひご利用ください。
※市電との乗継指定駅
 大通駅・すすきの駅・中島公園駅・幌平橋駅・西11丁目・西18丁目・豊水すすきの駅

 

ページの先頭へ戻る

  円山動物園の運営方法について
市民からの提案・意見等 検討結果
 円山動物園の運営方法などについて、改善の余地はたくさんあると思う。例えばふれあいコーナーの運営方法や建物構造上の問題などは現状より良い方法があると思うので、一考願いたい。
 また、旭山動物園のように人気のある動物園にするためには、広く一般からのアイデアや人材を公募して、斬新で魅力ある施設に変貌する努力をすべきだ。そのような機会を設けてほしい。
 円山動物園の運営方法や施設改修については、平成18年(2006年)7月4日に、市民・有識者による「円山動物園リスタート委員会」を設置し、基本構想策定を議論する中で、市民アンケートやワークショップなどの手法を用いて、広く市民意見やアイデアを採り入れながら検討を進めていくこととしています。
 なお、動物園においても園内にご意見箱を設置し、様々なご意見やアイデアを承っており、経常的に園運営に反映させております。
円山動物園のホームページ

 

ページの先頭へ戻る

  ポイ捨て条例を観光者に周知する方法
市民からの提案・意見等 検討結果
 札幌市のポイ捨て条例を「観光客に認知させる方法が課題」とテレビで見た。看板などを多く立てると町の景観を損ねるとのこと。
 北海道は海で隔てられているため空路、JR、フェリーでしか本州からは来れません。ポイ捨ては罰金の条例があると、各社にアナウンスしてもらえないかと協力をお願いすればよいと思う。
 これら公共交通機関でのアナウンスについては、各会社の規定や営業方針などから協力いただくことが難しい状況にあります。
 現在、市内中心部では看板と路面シールで条例の周知を図るとともに、指導員の巡回時にものぼりを掲示しております。なお、観光客向けには、夏祭り会場などにおいても啓発品を配布するなどPRを図りました。
 これからも、観光客の皆さんに、よりさっぽろルールを守っていただけるよう、各観光関係団体等の協力を得ながらPRに努めていきたいと考えております。

 

ページの先頭へ戻る

 学校施設方式の児童育成会の充実を望みます
市民からの提案・意見等 検討結果
 最近、子どもが犠牲になる事件が増えており、母親が働いている間子どもを一人で家に置いておくと心配だ。民間の学童保育などがあるが、金額が高すぎて預けることができない。児童会館がない地域では学校の空き教室を夕方5時ぐらいまで開放してくれるようにできないものか、考えてほしい。  札幌市では、現在、児童会館等の留守家庭児童のための施設が無く、かつ児童会館等が遠くて利用しづらい小学校区、いわゆる空白校区を優先して小学校の余裕教室を活用したミニ児童会館(児童クラブ)の整備を順次進めているところであります。このことから、民間施設方式児童育成会がある地域については、空白校区整備終了後に検討することとしております。
 なお、学校施設方式児童育成会につきましては、今後、ミニ児童会館(児童クラブ)に転換していく予定となっております。

平成24年1月現在の状況(フォローアップ)

  留守家庭児童に限らず、すべての子どもたちが、安全で安心に放課後を過ごすことができるよう、現在、児童会館がない小学校区に、小学校の余裕教室等を活用したミニ児童会館を順次整備しております。
 現在、公的な放課後の居場所(児童会館またはミニ児童会館)がない校区が35校区ありますが、今後は、平成26年度までに、すべての校区に放課後の居場所をつくることを目標に、ミニ児童会館等の整備をさらに進めてまいります。
 なお、学校施設方式児童育成会については、平成19年度をもちまして、すべてミニ児童会館(児童クラブ)に転換済みです。

 

ページの先頭へ戻る

 保育・子育て支援センターの休日開館の要望
市民からの提案・意見等 検討結果
 豊平区保育・子育て支援センターが開設されたということで、平成18年(2006年)4月9日(日曜日)に行ってみたが休館だった。ホームページには明確な休館日が記載されていない。それ以前に週末しか行くことができない市民も多数いると思われるのに、日曜日が休館日というのは理解できない。資生館のセンターのように土日に関わらず開館されることを望む。もし、今後も日曜日を休館日とするならば最低限ホームページにはきちんと記載してほしい。  保育・子育て支援センターの子育て支援サービスの運営日につきましては、当初よりホームページ上で「祝日及び年末年始を除く月曜日~土曜日」と表示しておりましたが、わかりづらいとのご指摘をいただいたことから、「月曜日~土曜日、9時00分から17時00分まで ※日曜、祝日及び年末年始を除きます」との表現に改め、日曜・祝日に運営を行っていないことが明確に伝わるよう改善を行ったところです。
 また、日曜開館のご要望につきましては、安全管理体制を確立するため職員とそれに伴う予算の確保が必要である等、解決しなければならない問題が多々あることから、実施が難しい状況にあります。今後も利用される方々のご意見・ご要望を踏まえながら、より利用しやすい施設となるよう運営のあり方について検討を重ねてまいりたいと考えております。
 なお、札幌市子育て支援総合センター(中央区南3条西7丁目)におきましては、年末年始を除く毎日、子育てサロンを運営しております。
保育・子育て支援センターの紹介ページ
子育て支援総合センターのページ

 

ページの先頭へ戻る

 小中学生と一般の体育館利用方法について考慮してほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 区の体育館について、体育館の利用料がとても高いのに、小・中学生に大挙して来られると満足に利用する事ができない。小・中学生の利用料が無料なのは仕方がないと思うが、夜の部については一般の利用者が利用料に見合う使用ができる方法を考えて欲しい。(夜の部は小・中学生が利用できるコートを3~4面までと限定する、保護者同伴にするといった対応など。)
 また、市や区の予算もあまりない状況なのだから、用具は有料での貸し出しにする事も検討すべきだと思う。
 小・中学生の利用マナーもとても悪く、特にブレー中のコートの中を通られるのは、とても危険なので絶対に止めてもらいたい。
 中学生以下の個人利用料の無料化は、学校週5日制の実施などに伴い、放課後や休日での子ども達の活動を支援し、青少年の健全育成の場として活用してもらえるようにと平成11年(1999年)7月から通年で実施しています。
 料金の有無などでは障がい者や高齢者の方々などもいらっしゃいますので、料金で利用を区別することは適当ではないと考えております。また、混雑時の対応については早めの交代放送や受付での状況案内などで、利用者の方々のご協力をお願いしている状況です。
 用具は原則的に利用者の方々がお持ちをいただくこととなっておりますが、指定管理者においてレンタル等を視野に入れた事業展開を予定しております。
 最後に利用マナーについてですが、管理者として今後も必要な指導を行っていきたいと考えておりますし、青少年の健全育成という観点からも、みなさまのご協力をいただきたいと考えます。

 

ページの先頭へ戻る

 大型ごみの申し込み方法について 【更新】
市民からの提案・意見等 検討結果
 以前から大型ゴミを捨てようとしているが、受付時間内に電話することができない。9時~16時30分という受付時間を延長するか、延長しないのであれば土、日も受付するとか、電話ばかりでなくネットで24時間受付するとか、何か手段の変更はできないものか。市民の生活は多様化しており、ゴミを捨てる世帯というのは時間に余裕がある主婦や高齢者ばかりではないのだ。
 経費が膨らまないやり方で、いくらでも工夫ができると思う。
 大型ゴミの受付方法については、ご意見の内容を踏まえて、平成18年(2006年)11月1日から土・日曜日も行うことにしました。

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165