ここから本文です。

更新日:2012年3月1日

平成17年度 第1回市民意見政策反映検討会議

市民意見の検討について 

市民からの声 検討部局
ウィズユーカードをJRでも使用できるようにしてほしい 交通局事業管理部
コンビニエンスストアーで税を納付できるようにしてほしい 財政局税政部
地下鉄の一人乗りエスカレーター上での歩行を禁止してほしい 【フォローアップ】 交通局高速電車部
使用済みテレホンカードの回収ボックスの設置について 保健福祉局総務部
図書館で電子メールサービスを導入してほしい 教育委員会中央図書館
まちづくりセンターを認知させるための方法 【フォローアップ】 市民まちづくり局地域振興部
公園の樹木に樹木の種類を記載してほしい 環境局みどりの推進部
地区センターの図書館にパソコンを設置してほしい 【フォローアップ】 教育委員会中央図書館
札幌は地下鉄や地下街の照明が暗い 他

経済局産業振興部

交通局高速電車部

緑の維持を市民にさせたらどうか 環境局みどりの推進部
住民票等の受け取りの際には、番号で呼んでほしい 市民まちづくり局地域振興部
区役所の駐車場の入り口を逆にしてはどうか

中央区市民部

東区市民部

手稲区市民部

ウィズユーカードをコンビニエンスストアーで販売してほしい 交通局事業管理部
市立病院は患者や家族の心のケアをする専門職員を置いてほしい 病院局経営管理部

※【フォローアップ】:「検討」となっていた項目の平成24年1月現在の状況を掲載しています。

検討結果

 ウィズユーカードをJRでも使用できるようにしてほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 福岡市営地下鉄のHPを見ていたら、JRとの相互利用可能の記事が出ていた。いろいろな問題をクリアしなければならないと思うが、ぜひJRでも利用できるように検討してほしい。  共通ウィズユーカードは札幌市営交通と民営バス3社で利用でき、乗継ぎにも使えるプレミアム付きカードです。プレミアムがないJRでも利用可能とするためには、新しい料金制度の検討、新カードの作成、改札機などの機器改修が必要となるため、すぐに実現することは困難であると考えております。
 なお、現在ICカード導入の検討を進めており、JRとの相互利用の可能性についても検討をしていきたいと考えております。

 

ページの先頭へ戻る

 コンビニエンスストアーで税を納付できるようにしてほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 銀行や郵便局では時間的な制約がある。コンビニエンスストアーで固定資産税などが納付できるようになれば便利だし、収納率も上昇すると思うのでぜひ検討してほしい。  コンビニエンスストアでの市税の納付については、平成18年度より軽自動車税で実施することで現在準備を進めています。軽自動車税は、比較的コンビニ利用率の高い若年層が納税者に多く、利便性の向上が図れると考えております。
 しかしながら、固定資産税、個人市民税(普通徴収分)といった税目については、税額が大きな場合など防犯対策に問題があること、また、これらの税目は納付書が複数枚で構成されており、受領ミスの危険性が高いなど、コンビニサイドの受入体制に解決すべき諸問題があり、すぐに実施することは難しい状況です。
 以上のことから、今後、軽自動車税による導入効果、またコンビニサイドの受入体制などを十分見極めて検討していきたいと考えております。

 

ページの先頭へ戻る

 地下鉄の一人乗りエスカレーター上での歩行を禁止してほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 昨年、名古屋市では地下鉄のエスカレーターでは歩かないように張り紙を出した。札幌市でも高齢者や障がいのある方に配慮する施策を行う一環として、ぜひ取り入れてほしい。  今後は他都市の状況なども参考に、良い方策が見出せるよう検討してまいります。

平成24年1月現在の状況(フォローアップ)

 札幌市交通局においても、転倒事故防止のため、平成19年12月から、駅構内の全エスカレーター付近にエスカレーター上での歩行停止を呼び掛ける張り紙を掲示しております。
 また、平成23年9月から、JR北海道と共同で作成したエスカレーターの安全利用を呼び掛ける大型ステッカーをエスカレーター付近の壁面に貼付しております。
 さらに、平成24年1月30日から2月1日まで、小学生の声による駅構内啓発放送や啓発ティッシュを用いてエスカレーターの安全利用を呼び掛けるキャンペーンを実施しております。
 交通局では今後とも、エスカレーターの安全利用を啓発する取組みを継続して行ってまいります。

 

ページの先頭へ戻る

 使用済みテレホンカードの回収ボックスの設置について
市民からの提案・意見等 検討結果
 使用済みテレホンカードは、海外で需要があり、その売り上げを慈善事業のため寄付している団体がある。ボランティア団体に寄付しようと市に持ってきたが3Fで社会福祉協議会に持って言ってほしいといわれた。市役所に使用済みテレホンカードの回収ボックスを設置すれば、たくさん集めることが出来るので検討してほしい。  ご意見を受け検討した結果、市役所本庁舎の中で最も利用者の多い、1階南側玄関横の公衆電話コーナーに、使用済みテレホンカードの回収ボックスを設置します。

 

ページの先頭へ戻る

 図書館で電子メールサービスを導入してほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 図書館で本を取寄せる際に、本が図書館に届いたら電話で到着を知らせてくれる選択肢があるが、電話料金が掛かるし、留守などの場合は、こちらから何度も掛ける必要がある。電子メールで実施すれば問題もある程度解消されるので実施してほしい。  インターネットを利用した新たなサービスの導入については、実施に向け検討し、市民の皆様のお考えを調査いたしました。
政策反映アンケート(平成17年度第1回)調査結果
 その結果、図書館で本を取り寄せる場合、本が図書館に届いたときに、Eメールでお知らせするサービスは、平成20年(2008年)3月から行っています。
※一度図書館で仮のパスワードを受け取り、蔵書検索サイトでEメールを登録していただくと、予約の連絡をEメールで受け取り可能になります。
また、平成20年(2008年)8月28日(木曜日)からインターネットでの図書予約が可能になりましたのでご利用ください。
※インターネット予約では、Eメールでの連絡が原則となります。
札幌市中央図書館

 

ページの先頭へ戻る

 まちづくりセンターを認知させるための方法
市民からの提案・意見等 検討結果
 まちづくりセンターを身近なものにさせるために、センターの外壁、塀など建物の外観に地域の専門学校や小・中・高校など若い人に企画参加してもらい絵をデザインしてもらってはどうか。作業に関わった子供がいれば、その家族も興味を持つし、町内会も含めて大切な地域のつながりや連帯感も増すと思う。  まちづくりセンターは、地域課題の解決や、魅力ある地域づくり、市民の力がみなぎるまちづくり活動を支援し、これらの活動の拠点化を目指しています。
 まちづくりセンターを身近な存在に感じてもらうことは非常に大切なことであると認識しており、そのためにも今回いただいたアイディアはとても有効な方法であると思いますが、区役所の出先庁舎であるまちづくりセンターの外壁などに絵を描くことに対して、その地域の住民がどのような考えを持っているかなどを十分に考慮したうえで、慎重に判断する必要があると思われます。
 このような取組みを地域のまちづくり活動の一環として取り入れることが可能かどうかも含めて、検討を続けてまいりたいと思います。

平成24年1月現在の状況(フォローアップ)

 まちづくりセンターの建替えや改築を行う際には、施設設計にあたってのワークショップや検討会を開催し、地域の方々のご意見を頂くなどして、まちづくりセンターを身近なものに感じていただけるよう努めております。
 そのほか、本市では、まちづくりセンターをより身近なものとし、地域まちづくりの活動拠点として市民のみなさまにご活用いただけるよう、市民や若者を集めてまちづくりセンターのPRを検討していただく市民会議を開催しており、その意見も踏まえて、まちづくりセンターの機能についての情報発信強化を進めているところです。
 今後も、いただいたご意見の方法も含め、まちづくりセンター周知のためのより効果的な取組や、まちづくりセンターを通じて地域のつながりや連帯感を増すような取組を広く検討し、実施してまいります。

 

ページの先頭へ戻る

 公園の樹木に樹木の種類を記載してほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 公園に植えられている樹木が何の木か分からないので、樹木の種類を記載すると良い。  公園などにある樹木や草花の名前を知ることは、札幌のみどりや自然環境についての理解を深める大きなきっかけになるものと思います。
 札幌市でも、多くの方に利用される大通公園などを中心に樹名板を設置しておりますが、市民の皆様のお考えを調査した結果、他の大規模公園にもボランティア活動を利用して設置してほしいと望むご意見が多いことがわかりました。今後は、この結果をふまえ、実施に向けた準備を進めてまいります。
政策反映アンケート(平成17年度第1回)調査結果

 

ページの先頭へ戻る

 地区センターの図書館にパソコンを設置してほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 地区センターの図書館には検索用のパソコンがない。ぜひ設置してほしい。  市内に19箇所ある地区センター図書室への利用者検索機(専用回線のオンライン端末機)の設置については、室内のスペースや予算の面で、現在のところ大変難しいと考えます。
 しかしながら、利用者の方よりお申し出があった際には、カウンター職員が代行して調査等を行いますので、お気軽にお申し付けいただきたいと考えております。

平成24年1月現在の状況(フォローアップ)

 地区センター図書室には、平成20年3月に図書資料の検索用のパソコンを導入して、利用者の皆さんが自由に検索できる状態となっております。

 

ページの先頭へ戻る

 札幌は地下鉄や地下街の照明が暗い 他
市民からの提案・意見等 検討結果
 札幌の地下街を歩くと人が寂しく活気がない。地下鉄や地下街の蛍光灯も少し暗いし、音楽を流すなど、もっと雰囲気づくりに努力すべきだ。

 大通のオーロラタウン・ポールタウンは株式会社札幌都市開発公社が、札幌駅のアピアは札幌駅地下街開発株式会社が事業運営を行っております。地下商店街であることから、お客様がお買い物をしやすいような雰囲気づくりを考えており、照明につきましては十分な明るさを確保し、音楽につきましても耳障りにならない程度で流すよう配慮しております。
 今回、ご意見があったということを上記管理会社に伝えるとともに、今後とも買い物をしやすい環境づくりに取り組んでいただくよう、働きかけてまいります。

【経済局産業振興部】

 

地下鉄施設の照明につきましては、壁の色や広告照明の有無などにより感じ方が異なるものですが、ホームにつきましては危険防止等の理由から全点灯を基本にしております。また、コンコースにつきましては、省エネ等の理由により照明の間引きを行っている箇所もありますが、いずれも歩行に支障がないよう配慮しております。
 音楽放送については、現在、2駅で特定の音楽会の開催日に併せて、コンコース内でクラシック音楽を放送しています。音楽放送を行う場合は、著作権料の負担や、音楽に対する旅客の嗜好も様々であることなどから苦情の発生につながるなど課題はありますが、地下鉄の業務運営に支障とならない範囲で音楽放送の拡大に努めてまいります。

【交通局高速電車部】

 

ページの先頭へ戻る

 緑の維持を市民にさせたらどうか
市民からの提案・意見等 検討結果
 市民でガーデニングなどを得意とする人たちをボランティア登録して、駅前広場や緑地などの維持を進めるような施策を検討してほしい。  道路に付随する緑地の維持管理につきましては、業者にその委託をしているもののほか、地域の皆様の協力で、緑地への花植えの取り組みにより環境美化を推進する歩道美化事業、さらにはボランティアとなる地域の皆様が、一定の公共の場所を定期的・継続的に環境美化に取り組む※アダプト制度の導入などをすすめているところでございます。
 今後も市民の皆様のご協力のもと、これらの手法による緑化活動の拡大に取り組んで参りたいと考えております。
※アダプトとは、英語で「養子にする」という意味。道路や公園など一定の公共の場所を養子と見立て、地元住民や企業が里親となって清掃等を行い、行政が支援する制度。

 

ページの先頭へ戻る

  住民票等の受け取りの際には、番号で呼んでほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 今は銀行や病院など何処でも番号札で呼びます。せっかく番号札を渡すのだから、呼ぶときは番号で呼び、渡すときに本人確認したらどうか。  住民票等の交付時に請求者をお呼びする方法は、「氏名で呼ぶ」、「引換券の番号で呼ぶ」、「引換券の番号と名字で呼ぶ」の3通りの方法が考えられますが、現在各区役所等においては、証明書交付の正確性を期すため、「氏名で呼ぶ」又は「引換券の番号と名字で呼ぶ」のいずれかの方法でお呼びしております。
 どのようにお呼びすべきか、市民の皆様にさまざまなご意見があることから、市民の意識調査を実施した結果、「氏名」が約30%、「番号」が約40%、「番号と名字」が約30%と、ほぼ同じような割合となっております。
 この結果から、お呼びする方法を結論付ける多数意見はありませんが、今後、札幌市として証明書交付時において求められる正確性・迅速性、市民プライバシーの保護を実現するため、「電光掲示板」を設置し、請求者自身が番号により「音声と目」で確認できる方法を目指してまいります。
政策反映アンケート(平成17年度第1回)調査結果

 

ページの先頭へ戻る

 区役所の駐車場の入り口を逆にしてはどうか
市民からの提案・意見等 検討結果
 区役所の駐車場の中には、入り口が入りにくく、出口が出にくいところがある(中央区、東区、手稲区)。入り口と出口を逆にすれば解消できると思うが、具体的に検討してほしい。

 当区役所の駐車場は、北側の第1駐車場と南側の第2駐車場に別れており出入口はそれぞれ1ヶ所設置されています。そのため車でご来庁の方々から、駐車場が利用しづらいとのご意見をいただくこともあり、現在、駐車場の出入口の移設を含めた改修について検討しているところでありますが、予算上の制約もあり、困難であります。

 なお、駐車場の誘導員については昨年までは2名配置しておりましたが、今年度は1名増員し、3名とし、よりスムーズに車が出入りできるように努めています。

【中央区市民部】

 

 現在の出口を入口に変更すると、駐車待ち車両が東7丁目通りと光星通りに並ぶことが予想されます。両通りとも片側一車線であることから交通渋滞が懸念され、また北光小学校の通学路でもあるため交通安全の面からも問題があります。
 入口を出口とした場合には、東8丁目通りは交通量が多く、出車待ち車両が歩道を塞ぎ歩行者の安全通行に支障を及ぼすことが懸念されます。
 以上のことから、出入口の変更は困難と考えております。

【東区市民部】

 

 現在、手稲区役所の駐車場出入口は入出車及び駐車場内の円滑な走行のため、区役所(正面)北西(西友駐車場入口)側から入場し、区役所東南(北洋銀行)側出口への一方通行として運用しております。

 お問い合わせの出入口を逆にした場合、東南側の手稲駅北通りはJRバス、中央バス及び自家用車の手稲駅北口進入ルート及び曙方面への進行ルートとなっており、朝夕の通勤通学時間帯は非常に混雑しております。

 このような状況からして現出口(東南側)を入口にした場合、曙方面から区役所駐車場へ右折進入しようとした場合、渋滞により右折が困難となり、そのことが原因で、前田2条11丁目交差点付近が右折車の影響で渋滞を招く恐れがあること。

 状況により、同交差点内に車両が取り残される可能性が考えられます。

 以上のことから、区役所周辺の交通の円滑な流れを確保する上では、区役所駐車場の出入口を現在の逆にすることは困難と考えております。

【手稲区市民部】

 

ページの先頭へ戻る

 ウィズユーカードをコンビニエンスストアーで販売してほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 共通ウィズユーカードをコンビニで販売してほしい。また、現在一部のカード会社においてのみカードで購入ができるが、もっと購入できるカード会社や販売所を増やしてほしい。  共通ウィズユーカードについては、定期券発売所、地下鉄駅券売機、市電・民営バス車内などでの販売に加え、地下鉄駅売店や信販カード会社などでの委託販売を行うなど、市民の方々の利便性向上を図ってきたところであります。
 しかしながら、委託販売店に支払う販売手数料(年間約9,500万円)は、厳しい交通局の財政状況の中で大きな経費負担となっていること、また、現在ウィズユーカードに替わるサービスとして、ICカードの導入についても検討を進めていることなどから、委託販売店を増やす状況にないと判断しております。

 

ページの先頭へ戻る

  市立病院は患者や家族の心のケアをする専門職員を置いてほしい
市民からの提案・意見等 検討結果
 市立病院に通院しているが、主治医が忙しい場合に、不安な状態の患者やその家族の話を聞き、心のケアをしてくれる専門職員をおいてほしい。  市立札幌病院では、医療福祉相談、看護相談、栄養相談などの相談窓口を設けて、それぞれに専門知識を持つスタッフを配置し、患者様の抱える経済的・心理的・社会的問題など、医療に関する様々な心配ごとや悩みごとにお応えしております。
 これらに加え、新たに主治医に代わるような専門職員を配置することは困難でありますが、今後とも、患者様にとりまして望ましい相談体制の検討をいたしたいと考えております。

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165