ここから本文です。

更新日:2017年6月30日

読者の声

読者の皆さん(広報クイズや読者プレゼント応募者など)から寄せられた意見や感想のうち、反響の大きかったものを紹介しています。

 平成29年(2017年)3月号

3月号の広報クイズには775件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 第二の人生の過ごし方

  • どの方々も素晴らしく、感動しました(50代男性)
  • 特集を読み、私もまだまだ頑張れるかなと思いました(60代女性)
  • 紹介されていた方々、皆さんキラリと輝いていますね。自分らしく活躍することをこれから考えてみたいと思います(60代男性)
  • 自分の親ももうすぐその年齢になるのだなと思いました。仕事を続けるにしても、好きなことを楽しむにしても、充実した時間を過ごしてもらえるよう、サポートしていきたいなと思いました(30代女性)
  • 自分にはまだ先の話ではありますが、これからより高齢化が進む札幌において高齢者の方々がお元気でご活躍されることを願っております。自分は将来シルバー人材センターに登録したいと考えています(20代女性)

 

 平成29年(2017年)2月号

2月号の広報クイズには744件の応募がありました。ありがとうございました。

特集1 2017冬季アジア札幌大会が開幕!

  • スケジュールやチケットの代金などを知ることが出来て、大会に興味が湧きました。選手の頑張る姿を見に行きたいと思いました(40代女性)
  • 冬季アジア札幌大会をもっと大きく取り上げた方が良いと思いました。札幌に住んでいても知っている人が少ないと思います。沢山の人で応援して盛り上がってほしいです(40代女性)

特集2 私らしく働く。を応援します

  • 私の両親は60代で、介護の話は身近です。改めて考えさせられる、とてもいい内容でした(30代女性)
  • とても考えさせられました。家事・育児・仕事と両立ができるのかが不安で仕方ありません。でも、私らしく輝ける場所を見つけられたらという気持ちが年々強くなっています(30代女性)
  • 現役を退いて、今は妻と二人暮らしですが、特に関心が高く興味を持ったのが「私らしく働く。を応援します」という記事でした。特に「介護」、「地域活動」に関心がありました。今後もこのような特集をお願いします(70代男性)
  • このような記事が多く掲載されると良いと考えます。日本人は真面目であるが心や時間のゆとりがないと思います。これからも地域活動を楽しみながら続けていきたいです(60代男性)
  • ワーク・ライフ・バランスの普及と共に、知名度が高まることを心より望みます(50代女性)

 

 平成29年(2017年)1月号

1月号のクイズ・プレゼントには1,611件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 2017冬季アジア札幌大会 新春対談

  • 今回の対談はなじみの2人のわかりやすいトークにより大会への理解ができ、あまり関心がなかった大会を身近に意識できた(70代女性)
  • 大会の日程など、料金も含めてもう少し分かりやすく一覧表にしてほしかった(60代女性)
  • 大会に興味があるし、記事を読んで、ワクワクドキドキ期待感が倍増しました(10代女性)
  • 冬季アジア大会を札幌市全体として盛り上げていくため、特集はもっとページ数をさいてもよいかと思います。出場選手紹介などによって、会場に足を運ぼうと思う市民が増えるのではないかと思いました(40代男性)
  • 選手の立場・視点の内容で参考になりました。それと同時に、ウインタースポーツを始めてみたくなりました。まずはスケートからかなぁ…とあれこれ考えるきっかけになりました(30代女性)

 

 平成28年(2016年)12月号

12月号のクイズ・プレゼントには672件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 できることから始めよう!札幌のおもてなし

  • 平易で多くの市民の共感を得られる内容と思いました(60代男性)
  • 札幌を訪れる観光客が増えているのはとても嬉しいです。今まであまり意識していませんでしたが、困っている人がいたら声をかけてみようと思いました(30代女性)
  • 海外からの来訪者へのおもてなしの心について、誌面で呼びかけるとともに、おもてなし講座も企画される市の取り組みに、あたたかさを感じました。雪まつりに向けて、国内外ともにさらに来訪者が増えると思いますので、1人でも多くの市民が参画できるよう引き続きアピールしていけるといいですね(40代女性)
  • オリンピック招致の際におもてなしが流行語になりましたが、人とのつながりや真心に対してその気持ちが100%なのか疑心暗鬼です。必要なこととは実感していますが高齢化社会の今、高齢者にこそもっと目を向け手を差し伸べるべきではありませんか。日々の日常の安心にもっと目を向けてください(50代女性)
  • おもてなしの精神も大切ですが、マナーの悪さが多いのも現実です。家具店の商品展示の長イスに、家族3~4人で、昼寝をして見たりして、とても容易に受け入れがたい風情にあることも考えて、注意書きや案内板設置も必要です(50代男性)

 

 平成28年(2016年)11月号

11月号のクイズ・プレゼントには1,591件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 広報さっぽろのお知らせ情報を地デジとアプリで発信!

  • 広報さっぽろのお知らせ情報が地デジとアプリで発信されることになりましたが、地デジも選択されたことは、スマホを持たない年配者には大変結構なことです(60代男性)
  • スマホで読めるので大変便利です。今までは2度も3度も広報紙を読むことはなかったですが、スマホで読めるとちょっと調べたりするので、知らず知らずのうちに繰り返し見ています。住んでいる街についての情報は皆さん多角的に知りたいのではないでしょうか。より洗練された紙面になって行く事を希望致します(70代女性)
  • 高齢の方は、dボタンやスマホを使うことがあまりないように思います。紙の広報紙もいくらか残していただきたいです(40代女性)
  • dボタンで早速札幌市の情報を見ましたが、項目が多すぎて一括で見るには見にくいと感じました。紙面の方がみやすい。配布を止めてもスーパーでもらえたら良い。親世代はコンビニも行かないし、ネット環境にもないので(30代女性)
  • 札幌市の様々な情報を市民に知らせる取り組みが始まったことは、大変に良いことだと思う。これからも、札幌市の取り組みを市民に伝える広報手段を工夫して行ってほしい(60代男性)

 

 平成28年(2016年)10月号

10月号のクイズ・プレゼントには678件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 ひきこもりを考える

  • 30年前長男がそうだった。今は働いているが、その当時は相談することがなく、大変だった。これからもこのような情報は掲載してほしい(70代女性)
  • テーマは良かったが、若年層をメインに構成されていたため、若干物足りなさを感じた(40代女性) 
  • 若者支援総合センターのボランティアをしてみたいと思った(60代男性)
  • 家族や友人、また、できる範囲で地域の方々を含め、みんなで考え支えていかなければならないと強く感じた(50代女性)
  • テーマとして取り上げにくいひきこもりは、このように広報誌で取り上げることで、たくさんの方々の目に触れ、その家族の方、また、近所の方々も気づき、あたたかい眼で見守られることにつながると思う。他人事ではなく、誰にでもあることなのだということをあらためて考えることができた(40代女性)

連載 しっとくさっぽろ

  • スマートフォンやタブレット端末が身近なものになり、インターネットが発達・普及する今、ワンクリック請求詐欺などのインターネットトラブルも身近になっている。それを漫画で読みやすく掲載しているのは非常に良い(20代男性)
  • 主に10代の未成年がネットを利用している未成年に対してトラブルの注意喚起も必要だと思う(30代女性) 

 

 平成28年(2016年)9月号

9月号のクイズ・プレゼントには597件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 人も動物も暮らしやすい街に

  • 特集は写真やイラストが多くて読みやすかったです(50代女性)
  • 特集が良かった。ペットを飼っても良いマンションが増え「かわいいから」「欲しいから」と軽い気持ちでペットを飼い、世話が大変になると捨ててしまう人が増えている。ペットは物ではない。家族を迎え入れた以上責任を持ってほしい(40代男性)
  • 動物の虐待のニュースに心を痛めることが度々ある。高いペットを飼おうと思うなら、動物管理センターの保護された犬や猫の飼い主になって欲しい(60代女性)
  • 犬を連れて歩いている人が多い気がしますが、苦手な人もいるということを意識してほしいです。マナーの悪い人もいます。そういうことも広報していけるとよいかと思います(40代男性)
  • 特集を見て、いずれペットとも暮らしを考えているが、災害・病気の時のことを想定したり、真剣に検討しようと思いました。ちゃんと最期まで見守る自信をつけてからと思います(30代女性)

企画 今月のニュース

  • 今月のニュースは芸術やイベント情報だけでなく、暮らしに重要な情報も見やすく大変分かりやすく掲載されているので助かる(50代女性)
  • このニュースを読むまでNo Mapsを知らなかった。ぜひ行ってみたいと思う(30代女性)
  • 敬老パスの変更はまだ知らない市民がたくさんいる。もっと広報さっぽろなどでPRしてほしい(70代男性)

 

 平成28年(2016年)8月号

8月号のクイズ・プレゼントには552件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 妊娠中からママ・パパを応援!

  • 妊娠を望んでいるので、とてもためになりました。夫にも読んでもらおうと思います(20代女性)
  • 妊娠中の不安を共有できる教室やパパ参加型の教室など、とても参考になりますし、誰もが見る広報誌で特集することはいいことだと思う(30代男性)
  • 産後ケアを初めて知った。友達が出産するので教えたい(40代女性)
  • 孫たちのことを考えると参考になる。今後はより具体例を出して紹介してほしい(60代女性)
  • 核家族化が進み、子育てに不安を抱く若い夫婦に子育てに関わるさまざまな活動を行うことは大変に素晴らしい。これからも子育てに関わる取り組みを取り上げて欲しい(60代男性)

企画 札幌の魅力を育む匠たち

  • 匠たちのコーナーが良かった。もう10年くらいテレビ塔の展望台に行っていないので、記事を読んで久しぶりに展望台に行ってみたくなった(50代女性)
  • いつも眺めているテレビ塔をまた違った気持ちで見るようになった(60代女性)

 

 平成28年(2016年)7月号

7月号のクイズには587件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 札幌の夏を満喫するアウトドアのすすめ

  • 山の紹介を見て、藻岩山に行ってきました。来週は小天狗岳に行こうと思った(20代女性)
  • 広報誌っぽくないデザインでビジターの声もあり、見やすい(20代女性)
  • 行方不明、ヒグマの出没などが現実に起きている事故の対応方法や注意も必要だと思う(40代男性)
  • 「日帰りキャンプ」というのが、あるのを初めて知った。夏休みに孫と一緒に利用したい(60代女性)
  • 写真・コメントともわかりやすく身近に感じる。簡素な見取り図を掲載されているのが良かった(70代男性)

連載 今月のニュース

  • 世界冬の都市市長会議があることを初めて知った。成果、効果を知りたい(50代男性)
  • 国際芸術祭では、大友監督による市民参加型のイベントが紹介されていて、楽しみ(50代男性)
  • 地下鉄東豊線に可動式ホーム柵を設置することを知り、とてもよかったと思った。これで全路線が完成なので、みんな安心して利用できると思う(70代女性)

 

 平成28年(2016年)6月号

6月号のクイズ・プレゼントには962件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 札幌に冬季オリンピック・パラリンピックを

  • ぜひ招致に成功し、2026年に実現してほしいと思った(30代女性)
  • 招致にあたって市民は施設や費用のことが心配。負担するのは市民なので、その部分が説明されているのは良いと思う。招致活動にかかる費用の説明もしっかりと広報していってほしい(40代男性)
  • オリンピック開催によるマイナス面とその課題、またその対策が知りたいと思った(20代女性)
  • 心配しているのは財政面。手稲山には札幌オリンピックの施設がぼろぼろのまま残されている。招致が成功し開催から20年経ったときも、同じように施設が放置されることのないよう願います(40代男性)
  • 冬季オリンピック・パラリンピックを開催する場合の予算、収入について詳しく報告されており、非常に分かりました。将来、子どもたちに見てもらい、夢を持ってもらう意味でも、ぜひ実現してほしいですね(50代男性)

企画 参議院議員選挙に行こう

  • 広報誌を読む若者は少ないと思うが、お母さんからこの記事を教えてあげて、若者もどんどん参加して投票率が上がればいいと思う(30代女性)
  • 今回から選挙権年齢が引き下げられたが、「関心がない」との声もあるようだ。今の10代や20代の意見も聞きたい。選挙には行ってもらいたいと思う。市としても若い年代に選挙へ行こうと呼び掛け、市政や国政に反映すべき(30代男性)
  • 選挙権が18歳からになったことはいいことだと思う。それは若い世代の方が固定概念がなく、柔軟な判断ができると考えるから。年配の方は保守的な考えが多いと思うので、もっとより良い世の中になるための選択をしてほしい(30代男性)

 

 平成28年(2016年)5月号

5月号のクイズ・プレゼントには708件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 みんなで守り育てよう!札幌のみどり

  • タウンガーデナーという制度があると初めて知りました。植物を育てるのがあまり得意ではないのですが興味がわいてきました。(20代女性)
  • みどりを守ろうとする活動は札幌市にとって重要なものだと思う。みどりは一度失われると取り戻すのが大変である。緑に囲まれた生活の大切さを市民に伝え続けてほしい。(60代男性)
  • 今月の「みんなで守り育てよう!札幌のみどり」の記事は、北国のこの時期にピッタリでした。「タウンガーデナー」はじめ、「公園ボランティア」、「森林ボランティア」など今迄知らなかった情報・活動等に感心しながら、色々な活動をしている市民の皆様を知ることができとても参考になりました。(70代女性)
  • 私の住む地域は、管理等が難しいため緑の取り組みをやめることにしました。残念です。特集を見て考えさせられました。(50代女性)
  • オールカラーはむずかしいと思うが、このページだけでもカラーで鮮やかに表現してほしい。(70代男性)

企画 誰もが安心して暮らせる街に

  • 障害者差別解消法について、2ページにわたり取り上げて、解りやすく記載されていて良いと思いました。(女性)
  • てきぱきとは出来なくとも、ゆっくりであれば、出来ることがあるので、温かく見守って欲しいとの意見に納得しました。お互いを理解しあえる環境を作っていくことが必要との意見にも同意しました。普段、中々、接したり聴いたりする機会がないので、障害のある方からのお話をもっと積極的に載せて頂ければと願います。(60代男性)
  • 大変興味深く拝見致しました。「障害者差別解消法」の施行は、障害のあるなしにかかわらず、分け隔てなく暮らすことのできる社会を目指すための第一歩だと思いました。一人ひとりが気を配って、より皆が安心して暮らせる街にして行きたいです。(50代女性)

 

 平成28年(2016年)4月号

4月号のクイズ・プレゼントには963件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 平成28年度の予算が完成札幌の1年を見てみよう!

  • 初めて読んだ。札幌市の予算のことが分かりやすく書いてあり、とても勉強になった。普段は予算の話など気にも留めず興味もなかったが、「何に」「いくら」使うのかが明確に記載されていてすんなり理解できた。(10代男性)
  • 予算がどう使われているのかが分かりやすかった。実際に1年後、どのようなことにいくら支出があったのかも示してほしい。(30代女性)
  • 1ページ目は、漫画の要素を取り入れ、読者が注目する工夫があり良い。しかし、2ページ目からの項目ごとの文章は堅苦しくなってしまい、最後まで読み進める人は少ないと思う。予算額も明記しているが、市民生活をする上で何千万、何億円の差は想像するに難しく、あえていえば円グラフなどを用いてどの項目に重点を置いているのか示すなどがあれば良かった。(30代女性)
  • 予算の記事一つ一つが丁寧で分かりやすかった。イラストやグラフがあり、理解しやすかった。(40代男性)
  • 札幌の現状紹介と未来展望は興味深く有益だった。(80代男性)

連載 ぐるっと北海道

  • ぐるっと北海道を見て、ドライブや旅行の参考にさせてもらっている。楽しみにしているページ。(40代男性)
  • 毎回新しい発見ができる。地理も書かれてており、参考になる。できればバスを含めた公共交通の案内もあればうれしい。(60代女性)
  • 紹介されていた江別のエブリに行ってきたが、レンガ造りの外観が素敵だった。(60代女性)

 

 平成28年(2016年)3月号

3月号のクイズ・プレゼントには928件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 街に輝く!若者のチカラ

  • 違う分野の方々からお話を聞き、街と音楽やスポーツをリンクさせていて良かった。また、色分けされていて見やすかった。私も大学生なので、大学の取り組みを知れて良かった。(10代女性)
  • 私ももっともっと頑張らなくちゃと気合を入れてもらえた。4人のような大きなことはできないが、街のためにできる小さなことをやっていきたい。(20代女性)
  • 知ることが多く、カラー写真が効果的に使われていてとても読みやすかった。若い人だけでなく、40代主婦も参加できるイベントがあると嬉しい。(40代女性)
  • 札幌は開拓使の功績に頼り切っている感じがしていたが、今回の若者の取り組みを見ると、まだまだやれることがあることが伝わってきた。人口減少時代でも守りに入らず、若者の地道な取り組みをもっと伝えていってほしい。(50代男性)
  • これから高齢化が進むので、札幌にとって若者の力は欠かせない。これからも頑張っている若者を取り上げて市民に伝えていってほしい。(60代男性)

企画 皆さんの声でもっと住みよい街に

  • 意見や要望を元に改善していると初めて知った。7,000通も届いているとのことなので、少しでも多くの意見が改善されるといい。(20代女性)
  • イラストや写真を掲載した事例が2件だけだったので、もしたくさんあれば、誌面の許す限り載せてくれるとインパクトがあり親近感も湧く。実現されるなら意見を寄せてみたい。(40代女性)
  • 市民の声を聞く課というのがあることを初めて知った。要望や提言などが結構あるようだが、苦情も受けるとなると大変そう。(40代男性)

 

 平成28年(2016年)2月号

2月号のクイズ・プレゼントには1,050件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 新たなまちづくりの計画が完成!

  • アクションプラン2015の内容について全然知らなかったので、保育料無料化や医療費の助成について知れて良かった。(20代女性)
  • 札幌がよりよく住みやすい街になるよう頑張ってほしい。ホームページでも計画を確認したい。(40代女性)
  • 市の今後のまちづくりに関わる計画が紹介されており、内容としては問題ないように思える。しかし、それらの事業にどのくらいの予算がかかるのか、もう少し明確にしてほしかった。多くの赤字を抱えている札幌市に多額のつけを残さないことこそが真の良い計画だと思う。(60代男性)
  • まちづくりの計画が分かりやすくまとめられており、秋元市長への期待が高まった。(72歳女性)
  • 本当に積極的な予算だが、前市長の時代に減少した市債の発行が増えている。借金を増やすのはどうかと思う。(80代男性)

企画 冬季アジア大会まであと1年

  • 注目選手が紹介されており、競技を見に行きたいと思えるきっかけになった。(10代男性)
  • 大会の内容が分かりやすく紹介されていて良かった。(40代女性)
  • あまり多くの人に認知されていない感じがする。もっと広報してほしい。(40代女性)

 

 平成28年(2016年)1月号

1月号のクイズ・プレゼントには1,582件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 いいまち、さっぽろ。

  • 札幌の魅力的なところが分野ごとに綺麗にまとめられていており、とても読みやすかった。また、歴史的な背景や食のルーツなどについての知識が深まった。(20代女性)
  • もう少し掘り下げた内容を載せても良かったと思う。(30代男性)
  • サッポロスマイルバッジはデザインもシンプルでさりげなくバッグに付けてみたい。道外の友人知人にも紹介したくなる良いきっかけの特集だった。(40代女性)
  • 街のあちこちで見るようになったスマイルロゴは良い。魅力度ランキングにあぐらをかくことなく、市民ももっと笑顔を発信しなくてはと思った。(50代女性)
  • 札幌は暮らしやすい街と感じていたが、その理由を具体的に4つのテーマで示していて分かりやすい。大人になってからは札幌に住み歴史を知る機会が少なかったため、歴史のテーマは新鮮に感じた。(50代女性)

企画 みんなで支えるさっぽろの冬

  • 路上駐車や雪出し防止パトロールはとても素晴らしい取り組み。そんなことをするの?ということを平気でする人がいる…自分も気を付けようと思った。(20代女性)
  • 除雪の費用や事故の数などリアリティーな数字を入れないと、知っている情報という理解で終わってしまうと思う。(30代女性)
  • 道路への雪出しや路上駐車の注意喚起は常に啓蒙すべき。広報誌だけでなく、テレビやラジオで繰り返し発信することも必要。各局に自発的に取り組むよう要請しても良いのでは?(70代男性)

 

 平成27年(2015年)12月

12月号のクイズ・プレゼントには985件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 ついに開通!つながる路面電車

  • 4~5ページ目はとても見やすくて、市電を利用してみたくなった。どサンこパスが載っているのも利用したくなったポイントの一つ。市長の声を載せるより、運転手の声を載せた方が親しみが湧いたと思う。(20代女性)
  • 市電エリアの楽しそうなスポットも紹介いただいていて、とても興味深かった。あまり市電に興味がなく、ループ化のニュースを見てもどうも思わなかったが、広報さっぽろを見て市電を身近に感じた。ぜひ新しくなった市電を利用してみたいと思った。(30代女性)
  • ループ化のための年表があるのが良かった。路線の地理的・文化的な紹介や市電の未来の展開があるといいなと思った。(40代男性)
  • 昔の写真が掲載されており、とても懐かしかった。市電のデザインも一新されて、さびしい気もするが、一度乗ってみたいと思う。(50代男性)
  • ループ化に伴い、特に乗ってみたいとは思わない。地元の人のためなのか、理由が理解できない。むしろ札幌駅への延長などが効果的。(60代男性)

企画 札幌のお財布事情

  • 電卓くんとお財布ちゃんが可愛い。記事は読みやすく、3ページ目は数字が多いがさらっと読めた。財政は健全でちょっと安心。少子高齢化のため、子育てサポート強化で人口増加を狙っては?(20代女性)
  • 財政健全は市民として安心した。見直しは具体的なビジョンが知りたい。市民が財政に協力できることがあれば書いてほしい。(40代男性)
  • お金の使い道の自由度が低くなっていることを再確認できたが、まだまだ手厚くしてほしいところもあるので、将来的に不安に思う。(50代男性)

 

 平成27年(2015年)11月

11月号のクイズ・プレゼントには1,487件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 認知症とともに

  • 病院で働いており、認知症の方もたくさんいる。家族は介護に疲れている人がほとんど。地域で相談できたり、リフレッシュできたりする場所がもっと増えてほしい。「地域で見守られている」というのは心強いので、認知症カフェがもっと広がってほしい。(30代女性)
  • 体験談など説得力がありイメージが湧きやすく、70代の実母との同居への心の準備ができた。(40代女性)
  • 両親が70代後半なので、認知症はいつ起こってもおかしくないと思っている。今回の特集は大変参考になった。認知症の方も一人の大人として、尊厳を守りながら接していくことが大切だと思った。(40代女性)
  • 認知症カフェなど、支援してくれる場所が増えていることを知ることができて良かった。男性介護者の集いは貴重な情報だった。(50代男性)
  • 認知症が家族の介護とセットで語られるのが疑問。他の切り込み方はできないのか。(60代女性)
  • 今回は興味が惹かれる認知症についての内容が特集として取り上げられていたので、広報誌を久しぶりに読んだ。認知症カフェがあることを初めて知った。心強く、いつか見学に行きたい。(60代女性)

連載 さっぽろおでかけナビ

  • 札幌のおでかけ情報などがたくさん分かり、役立てている。(30代女性)
  • 掲載されていたイベントに去年参加したときの写真が載っていた。後ろ姿だけだったけれど、嬉しかった。(30代女性)
  • 外出時の参考にしている。(50代男性)

 

 平成27年(2015年)10月号

10月号のクイズ・プレゼントには855件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 みんなで支える札幌の子育て

  • 6カ月の子を育てている。こども緊急ネットワーク、病後児デイサービスは初めて知った。何かのときのために切り取ったが、名刺サイズで切り取り線付きだったらもっと良かった。子育てサロンはちょっと敷居が高い印象だったが、まずは電話して行ってみようという気分になった。(20代女性)
  • 子育てママがどんなことで困っているか、子育ての喜びなど、親としての気持ちが書かれていて共感した(30代女性)
  • 他の子育てサロンの日時が分からないので、連携して区のページに載せてくれるとうれしい。保育所の申し込みのことも詳しく載せてほしい。(30代女性)
  • 子育て支援が足りないと言われているが、今回の広報誌で札幌では具体的な施設やサービスがあると分かった。子どもがいない私たちがどのような支援をしていけばいいか、考えるきっかけとなった。(40代女性)
  • 子育てサロンなどの情報がたくさん載っていて良かったが、子育てサロンに一回行ってみて合わなかったらあきらめず別の場所に行ってください、など親同士の人間関係もサポート情報として入れてほしかった。(40代男性)

企画 街でアートに出会おう!

  • 普段アートに触れる機会がないので、チ・カ・ホなど通りがかりに作品を見ることができるならいいと思う。記事は分かりやすい。(40代男性)
  • イベントの紹介などに関係者の方が写真とともにコメントしているので親しみやすい。(60代女性)
  • 気軽に参加できるものばかりで楽しみだ。過去の写真を見ると、内容や雰囲気がよく伝わり、分かりやすい記事になっている。(70代男性)

 

 平成27年(2015年)9月

9月号のクイズ・プレゼントには1,469件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 マイナンバー制度が始まります

  • 絵などもついており、文だけでは伝わらないようなことも分かったので良かった。今までこの制度を知らなかったが、私のような大学生でも読んで分かったのでいいと思う。(10代女性)
  • 個人カード一枚で手続きできるのは便利で良いと思うが、その反面、悪質なことはないか心配。詐欺や紛失した際の対処法があると良かった。(30代女性)
  • お年寄りには理解できない点があると思うので、もっと広報誌でPRしてほしい。(40代男性)
  • 概要がよくまとめられている。ただ、本来住民の手続きの簡素化が目的ではなく、各機関の連携や事務処理の簡素化など役所にとって利便性が大きいことを明言すべきだ。(50代男性)
  • 制度開始前の説明としては適切な内容。「個人番号カード」などについても継続して紹介願いたい。(60代男性)

企画 オータムフェストが開幕!

  • とても行きたい。まず1丁目からビール!最高の始まり。おいしい食べ物があり世界の料理も味わえる…行くしかない!(20代女性)
  • レイアウトも見やすいし、写真もあって楽しい感じが伝わってきた。1丁ごとに新企画やおすすめがあり、見応えがあるページに感じた。(30代女性)
  • そのまま持ち歩けるサイズのパンフレットのようなものを別に添付してほしい。(40代男性)
  • 毎年楽しみにしているが、混雑が増しているように感じるので、おすすめの時間帯や期限付き出店のスケジュールを知りたい。(50代男性)

 

 平成27年(2015年)8月

8月号のクイズ・プレゼントには710件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 秋元市長のまちづくり

  • ギュウ太がいるだけで誌面の表情が柔らかくなるので、ついつい読んでしまう。秋元市長のイラストも似ていてかわいい。市長が観光を重視していること、それに伴う市の利点を理解できた。(20代女性)
  • キャラクターやイラスト、そしてふりがなまでふってあって読みやすかった。これから大いにご活躍ください!(50代女性)
  • 新しい秋元市政の取り組みが載っていたので、とても興味深く拝読した。これからの札幌の目指すべき方向が具体的に説明されており、とても参考になった。(60代男性)
  • 誰もが生涯現役として輝き続けるための雇用についての内容はもっと具体的に提示してほしい。(60代女性)
  • 行政全般に力を注いでいるのは理解できたが、札幌市の特徴を生かすような考え方が見えず残念。(50代男性)

連載 今月のニュース

  • 給付金のお問い合わせセンターは番号が大きくて見やすかった。切り抜きやすい位置に記事があった。(40代女性)
  • 古着の回収がクリーニング店で行われるのは便利。別のところで古着が役に立ってくれるのは嬉しい。(50代女性)
  • 古着回収は、持ち込めるものや目印のステッカーを紹介しており分かりやすい。店舗が区民のページに掲載されていて親切に感じた。(60代男性)

 

 平成27年(2015年)7月号

7月号のクイズ・プレゼントには642件の応募がありました。ありがとうございました。

特集 さっぽろの夏を巡ろう

  • 全コースに写真があり分かりやすく、知っている場所でもまた行きたくなった。(10代女性)
  • ウオーキングが大好き。仕事が日中なので、夜にウオーキングをすることが多く、夜でも安全に歩ける場所を教えてほしかった。(30代女性)
  • 円山で知らない場所もあり、説明を読んで行ってみたくなった。ウオーキングの正しい姿勢も書いてあったので参考になった。(40代女性)
  • 常日頃ウオーキングをしている。同じところばかり歩くと飽きるので、目でも楽しめるコースがあればいいと思った。ウオーキングマップがあるのは知らなかったので、ぜひ利用したい。(40代女性)
  • 市内にウオーキングに適したコースがあり、数キロでも意外にいろいろ見て歩けることが分かり、ぜひ歩いてみたくなった。(50代男性)
  • 公共交通機関の停留所の表記や歩行量の消費カロリーまで記載されていて配慮がとっても素晴らしい。(70代男性)

連載 しっとくさっぽろ

  • マンガだと見る気になる。ギュウ太がかわいくて良い。(10代女性)
  • 食べる箸で生肉に触れるだけで食中毒のリスクがあることを知って驚いた。食中毒の予防になる食品を取り上げても良かったのでは?(60代女性)
  • とてもタイムリーな記事。トングを息子家族にプレゼントしようと思った。(60代男性)

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部広報課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2036  内線:2036

ファクス番号:011-218-5161